<< 特捜部Q ―Pからのメッセージ―/ユッシ・エーズラ・オールスン、吉田薫・福原美穂子訳 | main | ブラックスローン インディゴの夜/加藤実秋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
特捜部Q ―カルテ番号64―/ユッシ・エーズラ・オールスン、吉田薫訳
未解決だった難事件を次々と解決、やっと日の目を見つつある特捜部Q。
だが捜査を待つ事件は増えるばかりだ。
そんななか、特捜部の紅一点ローセが掘り起こしてきたのは、20年以上前にエスコート・クラブの経営者リタが忽然と姿を消した奇妙な事件。
しかもリタとほぼ同時に失踪した者が、他にも5人いることが判明し……。
デンマークの代表的文学賞「金の月桂樹」賞を受賞、ますます波に乗る大人気警察小説シリーズ第4弾!


特捜部Qシリーズ第4弾。

いつも押し付けられる事件に腰が重いカールだったが、アシスタントのローセが引っ張り出してきた女性失踪事件に興味を持ってしまった。
ところが、かつての同僚バクの妹が襲われた事件を捜査するよう言われたり、カールに圧力をかけるためにそのバクがカールの叔父が死んだ事件を掘り起こしてきたり、同僚アンカーが死に、ハーディが不随となった事件に新たな展開も。
そして失踪事件は、同じ日に5人の失踪者が出ていたことから、スプロー島にあった女子収容所で行われていた人権侵害へと繋がっていく……というストーリーです。

過去と現在が交互に描かれる形式はこのシリーズの特徴というか、過去の事件を再調査する部署が舞台なので当然なのですが、シリーズ中でこれほど取り返しのつかない過去のパートを憐れに思ったことはなかったかもしれません。
最後に著者から、作中登場するスプロー島女子収容所で優生学に基づき行われていた同意のない不妊手術等の行為が実際にデンマークで行われていたこと、そしてそれをデンマーク王国が正式に謝罪していないことが淡々と説明されていますが、登場人物の悲惨な過去を読み終えた後だけに、たった一ページのその文章にこめられたものを考えてしまいます。

物語としては変わらず面白かったです。
失踪者に関してはっきりと伏線が書かれていたのに完全に油断してお話に集中していたので、最後驚いていましましたし。
こういう読者への裏切りは大歓迎。
シリーズ途中の巻としては、カールの過去の事件に進展があったのも、新たに叔父の死の謎が加わったのも興味を引かれますし、アサドがますます怪しいのがたまりません。
アサドの人物設定って本当に卑怯な程素晴らしい。

ところで、ストーリーには関係ないのですが、シリーズものでこれほど翻訳者が一定ではないのって珍しくないことなのでしょうか。
海外小説って翻訳した方の語彙やセンスでかなり印象が変わるものなので、結構気になる。


JUGEMテーマ:読書

| [海外作家:K〜O]ユッシ・エーズラ・オールセン | 11:17 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:17 | - | - |
コメント
コメントする