<< 無菌病棟より愛をこめて/加納朋子 | main | 特捜部Q ―Pからのメッセージ―/ユッシ・エーズラ・オールスン、吉田薫・福原美穂子訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
特捜部Q ―キジ殺し―/ユッシ・エーズラ・オールセン、吉田薫・福原美穂子訳
いったいこの書類はどこから送られてきたんだ?
いつのまにか特捜部Qのデスクに置かれていた20年も前の事件の書類。
18歳と17歳の兄妹が惨殺された事件だが、その後犯人は自首して服役中。
つまり未解決ではない。
なのになぜ未解決事件を調査する特捜部Qに?
興味を抱いたカールとアサド、それに新メンバーのローセは再調査に取り組むが、当時の容疑者たちはいまや有力者に……ますますパワーアップの人気シリーズ第2弾。


特捜部Qシリーズ第2弾。

殺人捜査課の厄介者カールと、シリアからの亡命者アサドの二人だけだった特捜部Qに、ローセという女性が加わった。
この女性、優秀な成績で警察学校を卒業したものの運転免許が取得できず、秘書になったものの何かをやらかして特捜部Q送りになったらしい。
新たな問題児の登場に頭を悩ますカールのところに、あらたな過去の事件ファイルが舞い込む。
しかし、その兄妹が撲殺された事件は犯人が自首して解決済みのものだった。
誰がこのファイルを持ってきたのか?
事件を探ると、誰もが確信する犯人グループが存在していたこと、自首した犯人はそのグループの一員に過ぎなかったこと、彼らの周囲で死と暴力が蔓延していたことが次々とあきらかになる。
グループのほとんどは財界の有力者になっていたが、ただ一人の女性メンバーであるキミーの行方がわからない。
そして、このキミーは事を起こす時期を窺っていた……というストーリーです。

第1弾ほどの衝撃はなかったのですが、面白かったです。
分厚い本を一気に読める、読みたいと思えることが幸せでした。
ただ、内容は重かったです。
暴力に魅入られた少年たちが、うまくその罪から逃れて傲慢な人生を送っているあたり、本当に胸糞悪いの一言。
犯行の様子が様々な視点で描かれていますが、痛みと血の匂いが漂ってきそうで、しかも、もしかしたら善人ですという顔をして生きているこういう奴が自分の周囲にもいるのではないか、と思わせる絶妙な人間らしさもあって気持ち悪かったです。
彼らが現在主催している「キジ殺し」なるハンティングも最悪。
そこに主人公たちが切り込んでいくわけですが、それとは別にこの一作に限っては主役は彼女ではないかと思わせるキミーの存在感が大きいです。
決して感情移入できるような平凡な女性ではないのに、途中から完全に彼女のことを応援してしまいました。
新登場人物ローセもですが、著者の描く女性はエキセントリックな人物ばかりなのに不愉快じゃないんですよね。

そして、カールの同僚アンカーが死に、ハーディーが寝たきりになった原因となった事件に不穏な動きが。
この事件を少しずつ追いかけるのが、シリーズを貫く謎解きになるんでしょうね。


JUGEMテーマ:読書

| [海外作家:K〜O]ユッシ・エーズラ・オールセン | 10:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:47 | - | - |
コメント
コメントする