<< 心霊探偵八雲7 魂の行方/神永学 | main | 教室に雨は降らない/伊岡瞬 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
少年少女飛行倶楽部/加納朋子
中学一年生の海月は幼なじみの樹絵里に誘われて、「飛行クラブ」に入部する。
メンバーは二年生の変人部長・神ことカミサマ、野球部兼部の海星、不登校で高所平気症のるなるな、運動神経はないけど気は優しい球児。
果たして彼らは空に舞い上がれるか!?
友情、家族愛、恋、冒険――全てがつまった傑作青春小説。


迷惑をかけられてばかりの幼なじみの初恋成就に協力するために、海月は「飛行クラブ」に入部することになる。
それは全員入部制をとる中学で、既存の部活には入りたくないと頑なに拒否する変人・斉藤神が作った「空を飛ぶことを目的とする」クラブ。
常識人を自認する海月は、まずクラブを正式なものとするための新部員探し、次は学期末ごとの活動報告書を出すための活動探しと働くが、少人数の部員たちにもそれぞれ事情があり……というストーリーです。

非常に綺麗な物語でした。
起承転結といった構成も内容も、お手本のような少年少女向け小説。
こういう本を「面白かった」「良かった」と思ってくれるようなお子様をお持ちでしたら、きっと世のお母様方も安心!という感じ。
それだけに、私のようなゆがんだ大人からすると、物足りない。
上手いし、読みやすいし、登場人物たちもまっすぐで、その描写も良い、こういうストーリーにケチをつけたくなる私はどれだけ天邪鬼なのかと自問したくなりますが、綺麗事という言葉が頭に浮かんで離れないのです。

作中、ある大人を卑怯だと詰るシーンがありますが、私としてはその大人の意見の方が普通で、当たり前で、当然。
大人の意見と子供の希望をぶつけ合って、結局大人だけが悪者になるような描写が微妙。
ぶつかって跳ね飛ばされて敗者となるのが青春モノの味ではないでしょうか。
敗者となった苦しみの中から子供たちは学ぶのがセオリーだと思うのです。
その点で、この作品が子供に媚びている気がしてならない。
(最後叱られたとありますが、そんなものじゃ済みませんよ普通)
あと、これは個人的な好き嫌いですが、色々ファンタジックというか設定に現実感がないからな…と納得したいところなのに、登場人物の一人が家族から課せられた運命が過酷。
実際こういうことをする親はいると聞きますが、理不尽。
それには表立って反抗しない。
社会的圧力には屈しない、しかし家庭内では従順にって、古い思想のようで気持ちが悪くて仕方がありません。

という感想は、やはり私の性格が悪いせいでしょう。
素直に読めば爽やかな読後感が楽しめると思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加納朋子 | 16:55 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:55 | - | - |
コメント
コメントする