<< 三つの秘文字/S.J.ボルトン、法村里絵訳 | main | 少年少女飛行倶楽部/加納朋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
心霊探偵八雲7 魂の行方/神永学
評価:
神永 学
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 620
(2011-10-25)

友だちが、神隠しにあった――晴香のもとに、助けを求める電話をかけてきたのは、晴香が以前、教育実習の際に担当となったクラスの児童・大森真人だった。
それを聞いた八雲は調査のため一路長野へ向かう。
一方、石井のもとには、護送車が事故を起こしたとの緊急連絡が入った。その車は、あの七瀬美雪を乗せていたというが……!?
2つの事件の舞台は、鬼が棲むという伝説が伝えられる信州鬼無里へ!
新展開のシリーズ第7弾。


心霊探偵八雲シリーズ第7弾。

一ヶ月前の事件をきっかけに、後藤は家族の温かみを知り、八雲は隠していた赤い眼を晒して出歩くようになっていた。
そんな時、晴香の元教え子・真人から「友達が神隠しにあった」という連絡がある。
助けを求めている真人の元へ、八雲と晴香は後藤の車で向かうが……というストーリーです。

徐々に徐々に両目が赤い男の謎が解けていっていて、そろそろ物語も終盤ということを予感させる内容でした。
鬼無里が舞台ということで、テーマは「鬼」。
鬼というと様々な解釈が浮かびますが、ずばりそれを幽霊だと設定してうえで様々な鬼を表現し話を展開させていくところは結構上手いと思いました。
本当に、これで表現力と文章力があれば……と毎回思っちゃいます。
せめて人物描写が良ければもっと評価出来るのに。

不満は、これといったこの1作での謎がないこと。
ラストも、お手本のような「続く」で、いかにも途中巻なんですよね。
まとめに入りたい気持ちはわかりますが、シリーズラストが何となく予想出来たら読むのをやめてしまう私みたいな読者もいることですし、派手にやって欲しいです。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]神永学 | 21:46 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |
コメント
コメントする