<< 天神のとなり/五條瑛 | main | 三つの秘文字/S.J.ボルトン、法村里絵訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ROMES 06 誘惑の女神/五條瑛
世界最先端の地上施設警備システムROMESを擁する西日本国際空港に、伝説のテロリスト“アウレリオ”から届けられた挑戦状。
死んだはずの男が狙うのは、空港で展示予定の黄金の女神像、そしてROMES!
ROMESの天才的な運用者である成嶋優弥と空港警備チームは、世界的な犯罪者集団から女神を守れるのか?
大人気サスペンス第二弾。


ROMESシリーズ第2弾。

世界的な宝飾メーカーの展示が西日本国際空港で行われることになった。
目玉は純金製の女神像。
最先端警備システム・ROMESがある以上、特に問題はないと考えていた主任の成嶋以下警備チームだったが、すでに亡くなったとされている世界的なテロリスト兼強盗のアウレリオから挑戦状が届く。
そして相次いで警備情報が漏れていることに気付かされるのだが……というストーリーです。

メインはアウレリオを名乗るテロリスト、というより強盗グループと成嶋たちとの知恵比べです。
鉄壁のはずの警備システムですが、運用するのはあくまで人間。
人間の目と機械の目の両方をうまく潜り抜けて、黄金の女神像を手に入れようとする集団を真っ向から迎え撃つ構図でした。
ということで、第1弾に続いてテロというには何かが違う事件でしたが、エンタテイメント作らしく楽しく読みました。
もっと派手に!と思わないでもないですが、最近は著者の作風なんじゃないかと諦めてきたというか何と言うか…。
ROMESの万能感を出すためには、あまりバタバタ出来ないのかもしれませんし。
(それにしても便利なシステムです。顔を認証するシステムは実際にあるんだし、あちこちにカメラをつけちゃえば良いのにと思ってしまう。お金がかかりそうだし、人権派弁護士なんかから訴えられそうですが)

犯人側の事情をも描くことに好き嫌いはあるかと思いますが、個人的には描いた上でまだ謎解きの余地があるならよいです。
ただ、主人公側よりもすねに傷を持つ人間たちの話の方がちょっと魅力的じゃないでしょうか。
シリーズ物ということでそんなに説明することも話題もないのかもしれませんが、まだまだ過去がありそうな成嶋をもっとメインに据えても良い気もします。
ということで第3弾に期待。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]五條瑛 | 23:24 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - |
コメント
コメントする