<< MM9/山本弘 | main | 天神のとなり/五條瑛 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンフィニッシュト/古処誠二
東シナ海に浮かぶ伊栗島に駐屯する自衛隊の基地で、訓練中に小銃が紛失した。
前代未聞の大事件を秘密裡に解決する任務を負い、防衛部調査班の朝香二尉とパートナーの野上三曹が派遣される。
通信回線というむき出しの「神経」を、限られた人員で守り続ける隊員達の日常。
閉鎖的な島に潜む真犯人、そして真実はどこに。


東シナ海に浮かぶ人口百二十人の伊栗島にある、航空自衛隊の通信中継基地で小銃の紛失事件が起きた。
その調査に訪れた防衛部の朝香二尉と、臨時にバディーとして補佐につくことになった野上三曹は、内部犯としか思えない状況と、小さな島で自衛隊員と島民が垣根のない状態で付き合う環境の良さに、頭を悩ませるが……というストーリーです。

『アンノウン』(参考)の続編として、2001年に講談社ノベルスより発売された『未完成』を改題、改訂し文庫化したものです。
これ1冊でも読めますが、朝香二尉と野上三曹の出会いでもある『アンノウン』を読んでいた方がより楽しめるかと思います。

前作に続き、小銃紛失事件という自衛隊ならではの謎をクローズドサークル風に処理して、エンタメだけではないいびつな軍隊としての悲しさや歴史を盛り込んで、上手に書き上げていると思います。
ただその前作よりもテンポが悪い気がしてなりません。
ミステリって、例えば殺人という非現実的で恐ろしい出来事によって何故か登場人物たちのテンションが上がった状態から元に戻る(謎が解ける)もののような気がするのですが、これは事件によって当たり前にテンションが下がっている気がするんです。
背徳的な高揚感がない。
閉鎖空間なものですし、探偵がやってきても連続する殺人事件のような派手な展開は望めないですし、地味なのは当然なんですが。
自衛隊を描くとなるとこのテーマにならざるを得ないのかなぁと思うと、辛くなってしまう私の読後感にもよるのかもしれません。
ただ、こねくり回した謎解きのポイントになるほどなぁと思えたですし、はっきり絡めちゃえば良かったのにと思わないでもないもう一つの謎についてもよく出来ているかと思いました。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]古処誠二 | 17:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:44 | - | - |
コメント
コメントする