<< ウォッチメーカー/ジェフリー・ディーヴァー、池田真紀子訳 | main | アンフィニッシュト/古処誠二 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
MM9/山本弘
評価:
山本 弘
東京創元社
¥ 903
(2010-06-24)

地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。
有数の怪獣大国である日本では気象庁内に設置された怪獣対策のスペシャリスト集団“特異生物対策部”略して“気特対”が、昼夜を問わず駆けまわっている。
多種多様な怪獣たちの出現予測に、正体の特定、自衛隊と連携しての作戦行動……。
相次ぐ難局に立ち向かう気特対の活躍を描く本格SF+怪獣小説。


連作短編で
「緊急!怪獣警報発令」「危険!少女逃亡中」「驚異!飛行怪獣襲来」「密着!気特対24時」「出現!黙示録大怪獣」
の計5話からなります。
(普通の長編とも考えられるとは思いましたが、せっかくの連ドラ風なので)

いやぁ、面白かったです。
ウルトラマンやゴジラ、ガメラといった怪獣を真面目にSFにしてある小説でした。
怪獣の存在が当たり前にあって、それに対する国家規模の対策があって、もちろん怪獣への学問的なアプローチもある設定です。
そもそもタイトル『MM9』の“MM”とは“モンスター・マグニチュード”の略で、出現した怪獣の大きさで0から9まで震度のように規模を表し、登場人物たちが所属する“特異生物対策部”が観測して警報として発表するというものですから筋金入り。
巨大怪獣のタイムスケールが人間の世界より遅かったりきちんとしているくせに、自身の体重を支えられないはずなのに……と、科学は通用しない存在と説明されていて、にやにやしてしまいました。
さすが<と学会>会長。
かなりコミカルで、読みやすく、こういうネタがお好きな方は安心して読めるレベルにあると思います。

ただ、いつもいつも著者の作品には既視感がつきまとうんですよね。
どこかで読んだ設定、いつか目にした展開、といった感じで。
そのせいで、面白いんだけど……というひっかかりが読後感にあります。
だからといってクオリティが低いわけではないのが妙なところ。
第1話の「緊急!怪獣警報発令」については、おそらく『海の底』で著者が解説を書かれた際に言及していた「同じネタ」だと思いますが、個人的には、同じネタでも著者が絶賛していた『海の底』よりこの作品の方が完成度が高いと感じました。
また、この作品全体だと、海外ドラマ『プライミーバル』にちょっと似ている部分があると思っちゃいましたが、どちらも面白いですし。
ネタが一緒でもアプローチが違えば、また似ていても面白い方が勝ちだといつもは考えているのに、著者の作品に触れていると他作品がチラつくのが何故なのか、自分でもよく説明できません。
まぁ、これは本当に個人的な感想です。

勢いもあり、ロジックを駆使したSF設定もあり、それに伴う美しいオチもあり(大好きです)満足しました。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]山本弘 | 23:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
コメント
コメントする