<< アー・ユー・テディ?/加藤実秋 | main | MM9/山本弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ウォッチメーカー/ジェフリー・ディーヴァー、池田真紀子訳
評価:
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
¥ 770
(2010-11-10)

評価:
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
¥ 720
(2010-11-10)

“ウォッチメイカー”と名乗る殺人者あらわる!
手口は残忍で、いずれの現場にもアンティークの時計が残されていた。
やがて犯人が同じ時計を10個買っていることが判明、被害者候補はあと8人いる――尋問の天才ダンスとともに、ライムはウォッチメイカー阻止に奔走する。
2007年度のミステリ各賞を総なめにしたシリーズ第7弾。


リンカーン・ライムシリーズ第7弾。

“ウォッチメイカー”と名乗る犯人による、猟奇的な連続殺人の捜査がライムに依頼される。
いつものように証拠から犯人を追いつけようとするライムだったが、一筋縄ではいかない。
そして、優秀な捜査官であるアメリアが、自殺として処理されかかった謎の多い事件に刑事として初めて関わり、その捜査を優先させて欲しいと訴えてきて、調子が出ない。
しかし、現場に誇示するように置かれたアンティークの時計の購入履歴から、殺人がまだまだ続くことが危惧されるが……というストーリーです。

必ず上下巻まとめて買って、一気に読むべきです。
シリーズのマンネリを感じさせた上巻では、犯人の描写やアメリアに起こった出来事の重苦しさが目立っていたような気がしますが、下巻に入ってそれが一気に払拭されます。
どのパーツを説明してもネタバレになりそうで怖いぐらい。
どんでん返しと言い張るならこれぐらいしてくれ、と他作家に言いたいぐらいの出来で、このプロットを書ききる著者の力に感服いたしました。
こんな面白い小説を書いてくれてありがとう!と手紙を書きたいです。
さすが、「このミス」と「文春ミステリベスト」で共に1位に輝くだけあります。
満足しました。

この文庫版、解説が児玉清氏でした。
ぐっとくる文章で思わず頷いてしまったのですが、最後に『本書の面白さの秘密』として、翻訳の見事さが具体例と共に賞賛されていました。
その一例を読んで、私も児玉氏に心から同意したくなりました。
翻訳の池田真紀子氏に、こんな素晴らしい文章で読ませてくれてありがとう!と言いたい。
そして日本語のわかる日本人で良かった、と思ってしまったのは完全な余談ですね。

この作品でゲスト出演し、人間の所作や表情を読み解く「キネシクス」で事件解決に協力したキャサリン・ダンスは、その後『スリーピング・ドール』という作品(未文庫化)で活躍しています。


JUGEMテーマ:読書
| [海外作家:A〜E]ジェフリー・ディーヴァー | 20:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |
コメント
コメントする