<< 中庭の出来事/恩田陸 | main | ウォッチメーカー/ジェフリー・ディーヴァー、池田真紀子訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アー・ユー・テディ?/加藤実秋
「ほっこり」を愛する和子は、お気に入りの雑貨を並べたカフェを開くのが夢。
代官山のフリマでひと目惚れしたクマのあみぐるみを買って帰ると、なんとクマには殉職した刑事の魂が宿っていた!
事件の捜査中、崖から落ちて死んだのだという。
かわいいあみぐるみからオヤジ刑事の魂を追い出すため、和子は、いやいや真相究明に乗り出す!
珍妙なコンビが軽快なテンポでお届けする爽快エンタテインメント。


バイト帰りに立ち寄ったフリーマーケットで薄汚れたあみにぐるみ一目惚れした和子。
しかし家に帰ると、そのあみぐるみから男の声が。
事件の途中で死んだ刑事の魂が宿っているのだという。
気持ちが悪い!とそのあみぐるみを手放そうとする和子だったが、やはり姿は可愛らしく、惜しい。
普通のあみぐるみに戻すため、またその刑事の幽霊が調査に協力すればバイト代を出すというので、嫌々捜査を始める和子だったが……というストーリーです。

めちゃくちゃ笑ってしまいました。
主人公の人物造形と、そのツッコミ役の幽霊刑事に。
全編通して、24歳にもなってとことん子供っぽく親に反抗したり、「ほっこり」だなんだと趣味に生きる和子のこだわりがこれでもかとばかりに小馬鹿にされていて、たたみかけるように幽霊という非現実的な存在に至極真っ当なツッコミをさせているんですね。
ミステリの筋だとかより、この漫才のような仕掛けに大笑いしてしまいました。
オチがワンパターンですが、そのくどさが好きです。
幽霊が事件を追いかけるのはすでに物珍しいネタではなくそれだけで物語を押すのは辛いと思いますが、この微妙な変化球に納得。
しかもそれだけでは終わらず、「ほっこり」命の主人公が事件を通して変わった部分もあり、逆に変わらずに良い影響を与える部分もあって、綺麗に物語としているのが著者のあざといところ。
主人公以外の登場人物にもパンチがあって、謎もわかりやすく派手で、読みやすかったです。
「インディゴの夜」シリーズでも感じてその通りになりましたが、とことん映像化に向いている作家さんですね。

ただ、残念ながら良質の小説を読みきった!という満足感には程遠いんですよね……。
読後感は良いのですが、とにかく軽い。
考えてみれば事件はそこそこ派手なのに(実際にあったら死刑じゃないですか?犯人)解決してもカタルシスがない。
これがが著者の長所でもあり短所でもあります。

余談ですが、主人公の好きな「ほっこり」が最初あまりイメージ出来なくて悩ましかったです。
途中で「ワンピースにレギンス、ブーツかぺたんこの靴」が「ほっこりスタイル」(自称)と紹介されていて、あああの妊婦と紛らわしいやつか!!と納得。
宮崎あおい系ですよね?(え?違う?)


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加藤実秋 | 16:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:06 | - | - |
コメント
コメントする