<< ギデオン・オリヴァー教授シリーズ まとめ | main | 木洩れ日に泳ぐ魚/恩田陸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
群衆の悪魔 デュパン第四の事件/笠井潔
革命前夜のパリ。
対立する軍隊と群衆の間に響いた一発の銃声が、一斉射撃を招いた。
だが若き詩人シャルルは、その銃弾が群衆に紛れて取材中の、ある新聞記者を狙って背後から撃たれたものであることを目撃してしまう。
逃走する黒い影の正体の解明を依頼され、名探偵デュパンは捜査を開始した。
二月革命前後、爛熟の都に蠢く群像を壮大に描いた、巨匠ポオへ捧げる熱いオマージュ。


ブルジョワジー寄りの国王ルイ・フィリップへの労働者の不満が渦巻くパリで、その運動に賛同する詩人シャルルは兵士とにらみ合うデモ隊の中にいた。
そこに一発の銃声が響き、軍からデモ隊は一斉射撃を受ける。
しかし、その発端となった銃弾は、デモ隊側にいたパリの著名な新聞社の記者を、背後から狙ったものだった。
一気に情勢を動かした銃声は、記者個人を狙ったものだったのか。
それなら背後には何があるのか。
それとも……。
唯一人、記者が銃撃され死亡した瞬間を目撃していたシャルルは、その謎を解くために探偵デュパンを頼るが……というストーリーです。

デュパンを探偵として登場させただけでなく、エドガー・アラン・ポオへのオマージュ作品となっている……ようなのですが、この手のものを気にせず読むくせに、元を知らない恥知らずな私には、どこがどう素晴らしいのか理解できませんでした。
その辺りの感想は、是非違う方のものを参考にすると良いと思います。
(私は、参考しようにもサッパリ)

舞台は2月革命のパリです。
2月革命というのは、これまでのヨーロッパにおける市民革命の主体が労働者へと移り社会主義者も関わっていたということで、作中ブランキやマルクスも登場します。
というか、語り手のシャルルはポオ作品を仏訳したことでも知られる詩人ボードレールのことですし、バルザックも登場人物の一人。
こうなってくると、ミステリ部分も当然気にはなるのですが、それ以外の当時の情勢や風俗の描写が面白く、ミステリ論なのでしょうか群衆へのアプローチも興味深く(私の頭では何となくわかる程度ですが)一体何を読んだのか、不思議な読後感でした。
一番頭に残っているのが、公衆衛生話というのがまた。
まぁ、ミステリ読みとしての本筋からどんどん外れていくのは、著者らしいとしか言いようがないので、堪能したことになるのかもしれません。

実はここのところずっと、この作品にかかりきりでした。
なかなか読み進められなかったのは、寝る前に読むと眠くなってしまうということもありましたが、私がここで描かれる歴史的事実をきちんと認識していなかったせい。
あの革命のことか、と世界史の知識を頭の奥底から引っ張り出してからはスムーズでした。
ということで、これから挑戦なされる方は、その辺りを念頭において読み進めるとより面白いのではないかと思います。


上下巻完結。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]笠井潔 | 00:03 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - |
コメント
コメントする