<< 遺骨/アーロン・エルキンズ、青木久恵訳 | main | 洞窟の骨/アーロン・エルキンズ、青木久惠訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
楽園の骨/アーロン・エルキンズ、青木久惠訳
親戚の死因を調べて欲しい――FBI捜査官ジョン・ロウの依頼でギデオンはタヒチへ飛んだ。
ジョンの叔父の経営するコーヒー農園では最近不穏な出来事が続いており、今度は娘婿が不審な死を遂げたのだ。
彼の死と一連の事件には何か関係が?
やがて、平穏に見えた農園の秘密が明らかに……陽光輝く南の島でスケルトン探偵が鮮やかな推理を見せるシリーズ第八弾。


ギデオン・オリヴァー教授シリーズ第8作目。

ハワイ火山国立公園でパーク・レンジャーをするブレンダは、公園内にある火山の石を持ち帰ったために呪いをかけられたと訴えるよくある手紙の整理をしていて、その中に従姉妹のテレーズのものがあるのを発見する。
手紙によると、彼女の父が経営するコーヒー農園では不穏な出来事が続いているという。
ブレンダはテレーズに確認を取った後、以前マフィアが関係する事件でマフィア側に不利な証言をしていたことへの復讐ではないかと疑い、FBI特別捜査官のジョン・ロウに調査を依頼する。
嫌々引き受けたジョンだったが、テレーズの内縁の夫であり農園の業務責任者であったブライアンがキャンプ地で死去したという。
事故と結論付けられすでに埋葬されたブライアンだったが、その死を不審に思ったジョンは、友人であり司法人類学者であるギデオンに調査を依頼する。
墓を掘り起こすことに及び腰ながらも、タヒチへと飛んだギデオンだったが……というストーリーです。

シリーズお馴染みのキャラクタであるジョンの家族の問題が大きく関わっていたせいか、なかなか進展しないストーリーにイライラしました。
主人公が死体を見ないと話が始まらないのに、そこに至るまでの長いこと!
本当はそんなに言う程ページ数をくっているわけではないのに、何故か長いんですよね……。
もちろんあと数十ページしか残っていない状態で一から殺人事件発生!なお話も読んだことはありますが、この作品はミステリはきっちりしながらもライトに読めるのが売り(だと勝手に思っている)なだけに、辛かったです。
あと、愛妻ジュリーがいないせいか、タヒチの魅力満載というよりはじめっとして虫がいっぱいいて、と嫌な感じ。
『密林の骨』(参考)もじめっとしていた記憶があるので、ジョンというキャラクタはそういう風に出来ているのかもしれません。
謎解きは、やや不満。
結構最初から鍵が読者にはわかってしまう作りなのに、最後がドタバタで。
しかし、にやりとしてしまう幕切れではありました。
ギデオンの専門分野たる司法人類学が大きな謎解きをしてくれていますしね。

全体的にイレギュラーな香りがしましたが、いつもいつも人類学の学会やらパーティーやらで事件ばかり起きても困りますし、シリーズ作品としてはよくできていると思います。


JUGEMテーマ:読書
| [海外作家:A〜E]アーロン・エルキンズ | 00:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:57 | - | - |
コメント
コメントする