<< アイの物語/山本弘 | main | 遺骨/アーロン・エルキンズ、青木久恵訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Jの神話/乾くるみ
評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 720
(2008-11-07)

全寮制の名門女子高を次々と襲う怪事件。
一年生が塔から墜死し、生徒会長は「胎児なき流産」で失血死をとげる。
その正体を追う女探偵「黒猫」と新入生の優子に追る魔手。
背後に暗躍する「ジャック」とは何者なのか?
「イニシエーション・ラブ」の著者が、女性に潜む“闇”を妖しく描く衝撃のデビュー作。


不安の中で名門女子高に入学した坂本優子は、入寮当日から上級生やシスターたちから不躾な視線を浴びる。
それは、彼女が自殺した生徒に似ていたからだという。
何故死んだのか、恐ろしい予感と共に興味を憶えた優子は、美しい生徒会長の不可解な死によって、上級生たち「ジャック」にまつわる不審な会話を聞く。
それは自殺した少女の遺書に書かれていた言葉だった。
一方、全寮制の女子校内で起きた娘の死を調査して欲しいという依頼を、私立探偵の鈴堂美音子は事件に興味を持ち受ける。
死因は流産に伴う子宮からの失血性ショック死なのだが、流れたはずの胎児が発見できなかったという。
しかも、その女子高生の姉も同じ理由で亡くなっていた……というストーリーです。

※少しでもネタバレが嫌な方はご注意下さい。展開に触れています。





メフィスト賞受賞した直後から「酷い」という話を聞いていたので、また犯人が幽霊だったり探偵が妖怪だったりしたらたまらないと思って(他意はありません)手に取りませんでした。
しかし、このデビュー作を読まずに著者の別の作品を読むことが多くなってきたので、文春で再文庫化したことだしと今になって挑戦。
思っていた内容とはやや違いましたが、確かにひえー!な展開でした。
最初は解説にあるように綾辻風というか、おどろおどろしい雰囲気で始まるのですが、やたらと遺伝子がどうこうと説明しておいて突然後半になって菊地秀行まがいのホラー風味になってしまうんですね。
SFだろうがホラーだろうか、ミステリはミステリですが、これは酷い。
動機も犯人の行為も、結末もひえー!です。
とにかく「ジャック」の正体に大笑いですよ。
洋物のB級ホラー映画で出会う衝撃です。
私は覚悟して読み始めたから笑えもしましたが、これを「本格ミステリだ」と思い込んで(メフィスト賞ですからね。今となっては何でもありだと思われているでしょうが、スタートの印象は大きいですし)読んだ方の心中をお察しいたします。

それにしても、ミステリらしくテンポ良く進んでいたお話が、探偵の美音子が怪しさ爆発の産婦人科医に会うあたりから、がらっと適当に。
探偵と産婦人科医の会話も違和感だらけですし、キャラクタは崩壊していくし、何故かエロ満載のしょぼいアクションまで。
途中で真面目に書くのが面倒くさくなったのではないでしょうね?それでホラーにしちゃったのではいでしょうね?と著者に聞きたいぐらいでした。
(そうじゃなければ、男性向けの伝奇小説好きなのか……)(無性に菊地秀行が読みたくなっております。魔界都市シリーズ、どこだろう……)
まあ、このあたりのストーリーとは別の下手さというかグダグダさは、いかにもデビュー作なのでしょう。

ただ、読みやすさとそれなりの完成度はかなりのものだと感じました。
これは受賞させたくなっちゃうだろうなぁと。
「B級ホラー映画」と前述しましたが、世の大監督のデビュー作がそういう作品であることは多々あります。
そこで才能を評価されて出世してくるわけで、この作品の場合も、その後の活躍を知るだけに後付けではありますが、パワーは感じます。
問題は……やっぱり、ミステリとして出版されてしまったことでしょうか。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]乾くるみ | 23:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |
コメント
コメントする