<< ボトルネック/米澤穂信 | main | アイの物語/山本弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
遠まわりする雛/米澤穂信
評価:
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 660
(2010-07-24)

省エネをモットーとする折木奉太郎は<古典部>部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。
十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。
千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する――。
あざやかな謎と春に揺れる心がまぶしい表題作ほか<古典部>を過ぎゆく1年を描いた全7編。


古典部シリーズ第4弾。

短編集で
「やるべきことなら手短に」「大罪を犯す」「正体見たり」「心あたりのある者は」「あきましておめでとう」「手作りチョコレート事件」「遠まわりする雛」
の計7編を収録。

古典部シリーズのいままでの3作で描かれた事件や出来事の合間を縫うような7編の短編からなる作品でした。
というか今までの3作が文化祭絡みだったので、それ以外という感じでしょうか。
校内でのちょっとした謎を解いたり、夏休みに温泉合宿に出かけたり、初詣で騒動に巻き込まれたり……と時系列通りに収録されています。
トリックや謎は、短編らしくキレがあるものが多く、面白く読みました。
(しかし慣れたつもりが、ここ最近この傾向の作品を読んでいなかったせいか、文体に疲れました)
また、事件だけでなく、登場人物たちの淡い恋心なんかが高校生らしい初々しさで描かれていて、全体的に甘酸っぱい印象です。
シリーズをひと段落させるには良い内容だったかなと思います。

好きだったのは「あきましておめでとう」でしょうかね。
かつて何度となく少女漫画やティーンズ小説で読んだ、あのシチュエーションが好きですし、奉太郎と里志の息の合い具合がなんとも。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]米澤穂信 | 22:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |
コメント
コメントする