<< 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆/神永学 | main | ボトルネック/米澤穂信 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夢見る黄金地球儀/海堂尊
1988年、桜宮市に舞い込んだ「ふるさと創生一億円」は、迷走の末『黄金地球儀』となった。
四半世紀の後、投げやりに水族館に転がされたその地球儀を強奪せんとする不届き者が現れわる。
物理学者の夢をあきらめ家業の町工場を手伝う俺と、8年ぶりに現われた悪友・ガラスのジョー。
二転三転する計画の行方は?
新世紀ベストセラー作家による、爽快なジェットコースター・ノベル。


町工場と発明能力は高いものの営業能力のない父親を助けるために金が必要な平介は、8年ぶりの再会した親友・ガラスのジョーこと譲治の“儲け話”に乗ってしまう。
それは「ふるさと創生一億円」事業で作られ、水族館に展示されたまま忘れかけられている黄金製の地球儀を奪おうというもの……というストーリーです。

いわゆるコン・ゲームを目指した小説のようですが、やや力が足りなかった気がします。
いつも思うのですが、著者の小説は枝葉は面白く大筋も悪くないのですが、バランスが悪い。
それがこの作品にも言えて、読後なんとも言えないもやもやしたものが残ります。
小説として稚拙なんですね。
エンタテイメントとして面白ければ細かい部分には目を潰れる私ですが、これは書きなおしてやりたい気分でいっぱいです。
結末もお粗末。
いえ、お粗末なのにそうは見えないようにはったりをきかせて書くことは可能なはずで、著者にもそれが出来ると思うのですが、これは不発なんですね。
テンポと登場人物たちの何をするにも自信満々で罪悪感のなさは、こういうタイプの小説には向いていると思うので、残念でした。
それに真面目に犯罪小説を目指したのならバチスタシリーズとの絡みは匂わせる程度にしておいた方が良かった気がします。
結局そっちか……という感じ。
まぁ、酷い出来だったと個人的には思う『ナイチンゲールの沈黙』のその後が気になる方はどうぞ。

著者の(あるいはバチスタシリーズの)ファン以外の方にはあまりおすすめ出来ません。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]海堂尊 | 07:43 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:43 | - | - |
コメント
コメントする