<< ジェネラル・ルージュの伝説/海堂尊 | main | さよならペンギン/大西科学 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インシテミル/米澤穂信
「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。
とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。
それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった――。
いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。


結城理久彦はアルバイト雑誌をコンビニで見ていたところ、須和名祥子と名乗る浮世離れした美女に話しかけられる。
雑誌の見方を教えて欲しいという彼女に請われるまま、掲載されたアルバイトを見ていた二人は、時給1120百円という内容の仕事を見つけてしまう。
誤植だろうと思いつつも、応募する結城。
そのアルバイト内容である「ある人文科学的実験」のモニターとして最終的に残ったのは、須和名祥子を含む12人。
しかし、<暗鬼館>という閉鎖空間でモニターたちが強いられたのは“人殺し”だった……というストーリーです。

現在映画も公開中で、出版当時は『このミス』でもランクインした話題作ですが、内容は古典的といえば古典的。
なるべく不自然にならないように設定されたクローズドサークルものミステリです。
この「なるべく」というところがポイントで、普段ミステリやサスペンス、ホラーといった作品に慣れ親しんだ読者ならありだと思うかと想像できますが、映画の原作か〜と手に取ると不自然さに戸惑うかもしれません。
そして慣れ親しんだ者にとっては、どこかで読んだ作品の残滓を感じ取ってしまう気がします。
それでより読みやすくなるか、またかと思うかは、個人の問題でしょう。
私はその半々ぐらいでした。

エンタテイメント作品としてはよくできていたと思います。
わりと分厚いというのに特に大きな破綻もなく、ラストの分量に疑問はありましたが最後まで読ませてくれます。
「おっとびっくり」なオチが複数あるのも良し。
トリックもしっかり用意されていて、ミステリファン好みの見立てなんかもあって、サービス満点です。
楽しく読みました。
著者の読者層を広げたのではないかと思います。
(映画原作者だなんて、大出世ですよね)
ただ、いつもの著者らしい、冷めた主人公は相変わらずですね。
もう、いかにも今時、ラノベ風。
ここがクリアできればなぁという思いと、そうでなくては著者の作品ではないという考えが、これまた半々といったところでしょうか。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]米澤穂信 | 00:03 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - |
コメント
コメントする