<< びっくり館の殺人/綾辻行人 | main | 暖かな手/石持浅海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
交換殺人には向かない夜/東川篤哉
不倫調査のため、使用人を装い山奥の邸に潜入した私立探偵・鵜飼杜夫。
ガールフレンドに誘われ、彼女の友人の山荘を訪れた探偵の弟子・戸村流平。
寂れた商店街で起こった女性の刺殺事件の捜査をおこなう刑事たち。
無関係に見えた出来事の背後で、交換殺人は密やかに進行していた……。
全編にちりばめられたギャグの裏に配された鮮やかな伏線。
傑作本格推理。


烏賊川市シリーズ第4弾。

私立探偵の鵜飼は、依頼された不倫調査のために著名な画家の屋敷に、朱美と共に向かう。
一方、調査に同行するつもりだったもののキャンセルされて沈んでいた流平は、空いたスケジュールを利用して、十乗寺さくらからの泊りでの誘いに乗る。
烏賊川市のシャッター通りでの殺人事件の捜査は、雪の中思うように進まないが……というストーリーです。

伏線だらけ過ぎて、どうストーリーを書いたらわかりやすいのかサッパリです。
いやあ、面白かったです。
最近もてはやされるミステリって、エンタメ系が多い気がするのですが(否定はしません。面白ければ正義)著者は恐ろしい程に本格推理に邁進している気がします。
メイントリックはあまり好きではないものの、最後までわからないままでいた場合の爽快感はかなりあります。
わかりにくくなっている原因が、それをコーティングする付随のトリック。
あれもこれも伏線か!と気付いて、脱帽です。
それでいてそのものずばり、テーマをタイトルにもってきてしまうところが、さすが。
最後のまとめかたに不満はありましたが、好みの問題でしょう。

シリーズ作品として追いかけている方には、いつものメンツがバタバタしていて楽しめるかと。
駄目な大人たちですが、すっかりお気に入りです。
一方で、この作品から読んでもたぶん大丈夫。
鵜飼と朱美、流平とさくらの絡みをより楽しむには前作までを読んでいた方が良いかなとは思いますが、メインのキャラクタが新人(?)ですし、トリック重視の作りになっているので、読めると思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:は行]東川篤哉 | 12:49 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:49 | - | - |
コメント
>テーマをタイトルにもってきてしまうところ

これって具体的にどこかのページで明言されてましたっけ。
いや、何となくというか読んでいてなるほどとは思ったんですが、探偵たちが言葉にしてたっけと思いまして…。
| | 2010/09/28 12:37 AM |
コメント、ありがとうございます。

私としては
「タイトルに“交換殺人”とあって、3つの場面で進行するのだから当然読者はそれを頭に置いて読み進めるため、オチがわかりやすくなるのが普通なのに、あえて最初に明言しているような態度がいい!」
という気分で書きました。

“交換殺人”という言葉自体だと、プロローグの引きにありましたが……。
鵜飼たちの会話でも、ヒッチコック映画の名と共にありますね。

すみません。
いつも、ぼーっと読んで、ぼーっと感想を書いてしまうので、怪しいです。
| likesdislikes | 2010/10/11 11:11 PM |
コメントする