<< スロウハイツの神様/辻村深月 | main | ブラックペアン1988/海堂尊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
塩の街/有川浩
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
(2010-01-23)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。
世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが――「世界とか、救ってみたくない?」。
ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。
『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!
番外編も完全収録!!


巨大な白い隕石が世界各地に落下。
直後から、塩に街を侵食し始める。
それは街に限らず、人間までも塩と化し、都市機能は麻痺状態となる。
塩害により両親が行方不明となった女子高生・真奈は、危ういところを拾ってくれた秋庭と共に、暮らしていた。
確実に終末へと向かう世界で、穏やかに過ごしていた二人の世界は、ある出会いにより変わっていく……というストーリーです。

本編の他、番外編が『塩の街、その後』としてまとめられ
「旅のはじまり」「世界が変わる前と後」「浅き夢みし」「旅の終わり」
の4編が収録。

電撃小説大賞受賞作にして著者のデビュー作であり、『空の中』(参考)『海の底』(参考)と並ぶ、自衛隊三部作です。
ようやく読みました。
電撃文庫からハードカバー化という珍しい形態で出版されておりましたが、ようやく文庫落ちしました。
加えて、番外編も収録されていて、お徳なのかもしれません。

大人向けライトノベルという著者の方向性はよくわかりますが、この作品は真っ当なライトノベルでした。
読みやすく、恋愛モノらしい甘ったるさと、ヒーローとヒロインというわかりやすさ。
じっくり読んでホロリとくるような深みは私には感じられませんでしたが、出来の良い作品でしょう。
また、設定が良いですね。
塩に呑み込まれつつある荒廃した東京、だなんて物凄く綺麗です。
大規模な災害が一気に起きたのとは違う、徐々に都市としての機能が失われていく状況が良いですし、その結果としての荒れたイメージと、白い塩のミスマッチが上手い。
そのままストレートなタイトルも、何故か良いです。

ただ、本編と番外編の量のバランスが悪いような。
というかそもそも本編の各編、各編がとびとびな印象です。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 12:41 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:41 | - | - |
コメント
コメントする