<< ぼくのメジャースプーン/辻村深月 | main | 海の底/有川浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet/桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
¥ 500
(2009-02-25)
その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。
見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。
あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。
そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。
嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。
だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日――。
直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。


漁師だった父は死に、ひきこもりの兄と中学生の自分を抱えて母がパートで稼ぐだけではどうしようもない家庭に育つ山田なぎさは、早く大人になって“実弾”=お金を稼げるようになることしか興味がなかった。
しかし有名人を父に持ち、自分は人魚だと主張する海野藻屑という少女が引っ越してきたことにより、なぎさの退屈で閉鎖的な世界は崩される。
と同時に、藻屑が自分とは違った世界に生きていることも知るのだが……というストーリーです。

2004年、富士見ミステリー文庫から出版されたものの再版です。
タイトルには出ませんでしたが「Sakuraba kazuki Collection」として角川文庫から出たものです。

冒頭で結末が提示され、そこに至るまでの過程が描かれる作品でした。
その手法が綺麗で、悲劇的であればあるほど映えてきて、うまいと思わされました。
もともとはあまり好きではなかったはずなのですが(最後のオチに驚かされる方が好きです)この作品にはよく合っています。
どうしようもない結末に向かって雪崩のように進んでいってしまう少女たちの姿に、生々しさはあまりないのですが、それも合っていると思ってしまいました。

個人的には最後の、担任の役割に驚きました。
ラストで美味しいところを全部持って行ってしまう脇役って映画ではよくいますが、まさにそんな感じ。
そして作中登場する“ヤバイクイズ”をどこで聞いたか私はよく憶えていないのですが、この作品ではないことは確かなので、ちょっと気になりました。
よく引用されるのでしょうかね。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:さ行]桜庭一樹 | 04:40 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 04:40 | - | - |
コメント
コメントする