<< 猫丸先輩の推測/倉知淳 | main | 消えた山高帽子―チャールズ・ワーグマンの事件簿/翔田寛 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
デカルトの密室/瀬名秀明
ヒト型ロボットが実用化された社会。
ロボット学者の祐輔と進化心理学者の玲奈は、ロボットのケンイチと共に暮らしている。
三人が出席した人工知能のコンテストで起こった事件から、悪夢のようなできごとは始まった。
連続する殺人と、その背後に見え隠れする怜悧な意思が、三人を異世界へ引き寄せる――。
人間と機械の境界は何か、機械は心を持つのか。
未来へ問いかける科学ミステリ。


メルボルンで行われたAIコンテストで、自作のAIで参加していた尾形祐輔は参加者名簿の中に10年前に死んだはずのフランシーヌ・オハラの名を発見する。
そして会場に現れた彼女は、自分そっくりのロボットに車椅子を押されていて、祐輔にAIコンテストとは逆の考え、誰が一番機械らしいかの競争をしようと持ちかける。
流されるままそれに従った祐輔だったが、その後行方不明に。
そして彼を助けようとした祐輔のロボット・ケンイチはフランシーヌを射殺してしまう……というストーリーです。

分厚い本で、読み応えもありましたし、面白かったとも思うのですが……ミステリと言われると何だか不思議な感じがします。
私は途中からSFだと思って読みました。
読みましたが……「何故ケンイチ(ロボット)はフランシーヌ(人間)を殺したのか」という一点で突き進めてくれたらもっと読みやすかったかな?という気がします。
もちろん続く殺人でも同じテーマなのはわかるのですが、自己と自我という哲学を持ち出してそれにのめりこんでしまっているような、これだけの分量で面白かったという感想もありつつ、何故か中途半端な印象です。
結局ジャンルがミステリでもSFでも何でも良いのですが、エンタテイメント作品なのだとしたら、わかりやすい部分も必要なのではないでしょうか。
違う意味で「わかりやすい」というラストの地味にまとめた感がまた微妙。
予定調和は嫌いではないのですけどね。
あと、どうもシリーズ2作目らしい雰囲気にちょっと戸惑ったり。
(「メンツェルのチェスプレイヤー」が第1作のようです)
何にしてもこういった作品を書ききる筆力には感心せざるを得ませんがね。

哲学や思想に関しては、「何言っているのかわからない」と思ったら無視することをおすすめします。
何となく読んでいればわかるはず。
私は大学時代の知識を掘り起こしましたが、ヴィトゲンシュタインなんて懐かしさでいっぱいです(つまり憶えていない)


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:さ行]瀬名秀明 | 17:11 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:11 | - | - |
コメント
コメントする