<< DIVE!!/森絵都 | main | 虫のゐどころ/奥本大三郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
八月の獲物/森純
「あなたに10億円差し上げます」――ある老人の出した奇妙な新聞広告をきっかけに、社会全体が狂奔しはじめる。
贈与の条件はただひとつ、8月の1カ月間生存すること。
殺到した応募者から3人が寄贈対象者として選ばれるが、一人が謎の死を遂げる。
そしてまた一人が……。
第13回サントリーミステリー大賞受賞作。


有料老人ホームに住む資産家老人が、自分の財産10億を3人の人物に贈与する計画があることを新聞広告に出した。
選考の結果、選ばれた3人のうち一人が駅のホームから転落し列車に轢かれて死亡する。
一体老人の意図とは何なのか……というストーリー。

なかなかに凝った設定のお話でした。
オープニングとラストの印象は強いですね。
ですが、「そんな馬鹿な」という設定への第一印象を忘れさせてくれる程に引き込まれるものはなく、最後まで「そんな馬鹿な」と思ったままでした。
サスペンス小説なのに犯人があっさり予想できるのはまだしも、このお話でこのラストに持っていくならば視点を描く人物をもっと限定した方が良かったような気がします。
せっかく最初と最後のシーンに象徴されるような大きなテーマがあるのですから。
まあ、私はもともと多人数の視点が入り混じる小説が苦手なのですが……。
あと人物造形が甘いような。
全員同じに思えるのです。
お話の上の駒でしかなくて、ストーリーの流れに向かって一緒に動いているような描写と感じられました。
結果的に、面白くなりそうな要素はたくさんあるのに小説としての完成度はあまり、という印象です。
映像化するとアリかもしれません。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:ま行]森純 | 21:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |
コメント
コメントする