<< 少女には向かない職業/桜庭一樹 | main | 機長からアナウンス/内田幹樹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チーム・バチスタの栄光/海堂尊
東城大学医学部附属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の大体手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。
ところが原因不明の連続術中死が発生。
高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口講師に内部調査を依頼する。
医療過誤か殺人か。
田口の聞き取り調査が始まった。
第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテイメントが待望の文庫化。


田口&白鳥コンビ第1弾。

大学病院で“愚痴外来”とまで言われる不定愁訴外来に勤める神経内科の田口は、病院長からの呼び出され、ある調査を依頼される。
それは「チーム・バチスタの栄光」とマスコミで華々しく語られているバチスタ手術のスペシャリスト・桐生医師を中心とする専門のチームで立て続けに出た術死を調査するというものだった。
門外漢の自分に一体何ができるといのかと考える田口だったが、病院長に逆らえるはずもなく調査に乗り出す。
何が原因だったのか、それはミスなのか人為的なもの――殺人なのか……というストーリーです。

「田口&白鳥コンビ第1弾」と書きましたが、シリーズ名が何なのかよくわからないで適当です。
本来は著者のデビュー作。
しかし、これがデビューかというぐらいにこなれた筆で読ませてくれました。
これは純粋に面白い。
構成とあざといまでのキャラクタ性が見事です。

主役で語り手である静かな男・田口に調査という名目で次々と、いわゆる容疑者であるバチスタ手術のメンバーたちの紹介をさせる手口はスムーズです。
そもそも医師でありながらも専門家ではない語り手を持ってくることで、素人には難しい手術の内容を説明させるのはありがちですが、わかりやすい。
その後のバチスタ手術の描写と緊張感は、さすが現役医者(らしいですよね?)という感じで、もうこのあたりのドキドキで田口医師にすっかり感情移入しております。
そして登場する曲者・白鳥。
これがまたオーソドックスな変人探偵で、凡庸なところもある田口との掛け合いは、ホームズとワトソンでもいいですし御手洗と石岡のイメージでもいいでしょう。
すっかり煙に撒かれる語り手と共に、白鳥の強烈なキャラクタを楽しんで、最後は一気に畳み掛けてきて、いやもう頭が下がる内容でした。

専門家がその分野で小説を(ミステリを)書くのはずるいなぁと、常に考えている私ですが、これには謎解きの強引さとラストのお綺麗ごとぐらいしか文句がつけられません。
あと白鳥があまり好きなキャラクタではない(もうちょっと庶民的な可愛げがあればいいのに)こともありますが……これは好みの問題ですしね。
シリーズ化も納得のインパクトでした。
(しかし映画化して田口が女性設定になっているのにはびっくり。男の方が物語的にしっくりくるような気がしてならないのですけどね……)

上下巻完結。
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)
海堂 尊


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]海堂尊 | 18:46 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:46 | - | - |
コメント
コメントする