<< 春、バーニーズで/吉田修一 | main | チーム・バチスタの栄光/海堂尊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
少女には向かない職業/桜庭一樹
あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した……あたしはもうだめ。
ぜんぜんだめ。
少女の魂は殺人に向かない。
誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。
だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだたから――。
これはふたりの少女の凄絶な《戦い》の記録。
「赤朽葉家の伝説」の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。


大西葵は13歳。
学校ではひょうきんな存在として生活し、幼馴染みの男の子と行うゲームに救いを求め、酒びたりで働かない義父と愚痴で彼女を攻撃する母と暮らす家では息を殺している。
夏休みのある日、葵は目立たないクラスメイト・宮乃下静香と出会い……というストーリー。

なんと直木賞作家になってしまった著者の青春ミステリ。
私はどちらかというと、ミステリというより青春小説として読みました。
解説が凝っていて、ミステリとしての仕掛けなんかにも言及されていますが、単に主人公が人を殺してしまうだけという気がして。
それより、思春期の女の子の心理を描くのがうまいのです。
救いがない生活と、学校での抑圧と、クラスメイトとのいざこざと、いかにもありそう。
そこにふっと殺人という行為が入り込んでしまう。
非現実的と非日常の境目のような感じで、違和感がありません。
誰でももしかしたら踏み出してしまうかもしれない、と思えました。
ただ、主人公の女の子のベタベタな一人称が苦手でした。
ラノベ風というか(もともとの出身がそうだからでしょうが)読みにくいのです。
これは好みの問題でしょう。
主人公視点自体は、この物語の構成では必要なものでしょうし。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:さ行]桜庭一樹 | 10:48 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:48 | - | - |
コメント
コメントする