<< リアル鬼ごっこ/山田悠介 | main | 涼宮ハルヒの暴走/谷川流 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パラレル/長嶋有
評価:
長嶋 有
文藝春秋
¥ 530
(2007-06)
妻の浮気が先か、それとも僕の失職が原因か?
ともあれ僕は、会社を辞め離婚した。
顔面至上主義のプレイボーイ津田と、別れてもなお連絡が来る元妻、そして新しい恋人……。
錯綜する人間関係と、男と女の行き違いを絶妙な距離感で描く長嶋有初の長篇。
斬新な構成と思わず書きとめたくなる名言満載の野心作。


バツ一の七郎。
夫婦関係がおかしくなったのは七郎が仕事を辞めたからで、結果彼は無職であるが、最初に“裏切った”のは妻が先だ、とこだわっている。
しかし浮気相手と依然付き合っている別れた妻からは頻繁に他愛のないメールがくる。
一方大学時代からの友人・津田は複数の女性関係をいちいち七郎に告げなくては気がすまないらして……というストーリー。

設定だけ書き出すと大小様々な事態が深刻であるのに、奇妙な明るさがある小説です。
小説的だと思われる出来事もありますが、その中に妙にリアルなものが挟まれて(というか底辺にあって)います。
特に別れた妻の身勝手な行動は、不倫はともかく、凄くわかるもので、女のいやらしさがさらっと描かれていてゾッとしました。
いや、ゾッとすると同時に苦笑したくなる、というのが全体の雰囲気でしょう。
暗くなれません。
一種類ではない過去と現在が行ったり来たりする構成も好み。
“この世はすべてラブ&ジョブ”という言葉一つにもにやにやしてしまう満足感でした。
| [国内作家:な行]長嶋有 | 18:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | - |
コメント
コメントする