<< まひるの月を追いかけて/恩田陸 | main | 船宿たき川捕物暦/樋口有介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夜のピクニック/恩田陸
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。
それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。
甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。
三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。
学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。
本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。


全校生徒で80キロを夜通し歩ききるという特別なイベント「歩行祭」
到着順位を競う者、親友と語り合いながら歩く者、これを機に意中の人物に近付こうとする者……。
皆それぞれ心に秘めて歩行祭に挑む中、甲田貴子は心を決めていた。
それはクラスメイトの西脇融との誰にも言えない関係が背景にあった……というストーリー。

再読です。
再読すると、最初は感動で見えなかった些細な部分に引っかかってしまうものなのですが、それは置いておきます。
特に事件が起こるわけでもないたった一日の出来事を青春長編小説にしてしまえる著者の手腕に感服。
そして、何と言っても「爽やかな読後感」でしょう。
はるか遠くなってしまった自身の高校時代を思い出してひたることも可能です。
| [国内作家:あ行]恩田陸 | 17:56 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:56 | - | - |
コメント
コメントする