<< 麦の海に沈む果実/恩田陸 | main | 紐と十字架/イアン・ランキン、延原泰子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イン・ザ・プール/奥田英朗
評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2006-03-10)
「いらっしゃーい」。
伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。
色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。
そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。
プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。
こいつは利口か、馬鹿か?
名医か、ヤブ医者か。


短編集で
「イン・ザ・プール」「勃ちっ放し」「コンパニオン」「フレンズ」「いてもたっても」
の5編を収録。

順に水泳依存症の男、性器が勃起したままおさまらない陰茎強直症になってしまった男、ストーカーに悩まされて不眠症になった女、携帯依存の高校生に失火に怯える強迫神経症の男が患者です。
そのすべてが、結果としての「病」はともかく、そのあたりに転がっていそうな日常のストレスや思わず頷いてしまいそうな性格が原因だったりするので、お話に入り込みやすい。
文章や展開もうまいので、かなり読みやすいです。
逆にその読みやすさで物足りない感じもしました。
奇矯な精神科医・伊良部の、これまた眉を顰めてしまうような様々なアドバイスの「オチ」が簡単に読めます。
もっとブラックなところがあっても良いのではないかと私は思ってしまいました。
| [国内作家:あ行]奥田英朗 | 01:04 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:04 | - | - |
コメント
コメントする