<< チルドレン/伊坂幸太郎 | main | たったひとつの冴えたやりかた/ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、浅倉久志 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
水曜の朝、午前三時/蓮見圭一
評価:
蓮見 圭一
新潮社
¥ 500
(2005-11)
45歳の若さで逝った翻訳家で詩人の四条直美が、娘のために遺した4巻のテープ。
そこに語られていたのは、大阪万博のホステスとして働いていた23歳の直美と、外交官として将来を嘱望される理想の恋人・臼井礼との燃えるような恋物語だった。
「もし、あのとき、あの人との人生を選んでいたら…」。
失われたものはあまりにも大きい。
愛のせつなさと歓びが心にしみるラブストーリー。


著者デビュー作の、長編恋愛小説です。
なかなかに読ませてくれる作品だと思いました。
舞台背景は70年代で、万博の熱狂も当時の風俗も一切思い出として持ち得ない私にも、興味深い描かれ方をしていました。
あと、構成が好きです。
遺言めいた口述という設定もあって、癌で入院している“現在”と様々な地点の“過去”が行ったり来たりするのが良いです。
素敵な言葉もありました。
ラストのまとめ方も好み。

が、内容自体にはなかなか入り込みにくいものがありました。
主人公と言って良いであろう直美は、語り手となる義理の息子に崇拝される素敵な女性だと描かれているのですが、実際こんな女がいたら嫌に違いないと思いました。
男性作家が描く“ミューズ”には、大体の女は違和感を憶えるに違いないという私の偏見をさらに強固にしたのは間違いありません。
さらに「燃えるような恋」という言葉にも納得できず。
おしゃれな恋愛小説にこれまた共通することですが、全然「燃えて」ません。
二人の恋の結末があれでは、「燃えて」いるわけがない。
しかも、ああいう理由で臼井との恋を簡単に終わらせることの出来る女が、彼のことを思い続けていたとしたら、単なる自己陶酔です。
自分を悲劇のヒロインにして楽しむ女は多い。
そんな風に主人公のことを捉えることも出来ました。
(読んでいる最中にそこまでは考えませんでしたが)

小説全体としては、好きとも嫌いとも、面白かったとも馬鹿みたいな話だったとも言えない、微妙な位置にあります。
| [国内作家:は行]蓮見圭一 | 17:53 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:53 | - | - |
コメント
はじめまして。初めてコメントします。

「水曜....」を読んでいて、カズオ・イシグロの「私を離さないで」を思い出しました。淡々とした語り口が似ているのかな。

でも、「燃えるような恋」にしては、臼井と直美が惹かれあう過程(の気持ち)が、あっさり書かれすぎていて、物足りなかったです。

あと、最後の匂わせ方からして、葉子は、臼井の子供っていう理解でいいのですよね。「成美さんの生まれ変わり」なんていう言い方もしてますし....。

| 振り飛車党 | 2007/06/11 10:06 PM |
こちらこそ、はじめまして。
コメントありがとうございます!

振り飛車党さんのおっしゃる通り、「物足りない」というのが一番的確な感想だったかもしれません。
綺麗にまとまっているだけに余計に。

あと、葉子が臼井の子供だった?ということは全然思いつきませんでした…。
ミステリ中心に読むくせに、全然深読みできない人間で(汗)
今手元になくて読み返せないため曖昧ですが、臼井に再会したのは葉子を産んだ後だったように思っておりました。

「私を離さないで」はまだ読んでないんです。
でも、似ているというのなら、この語り口自体は好きだったので楽しみにしたいと思います。
| likesdislikes | 2007/06/13 9:50 AM |
こんばんは。
また、お邪魔します。

葉子のことは、こんな感じでした。

臼井の妹の法事の日、二人は数年ぶりに再会する。 その雨の夜、直美は臼井を「部屋に誘った」。翌朝、一年後の再会を約束する二人。でも、それは果たされなかった。「8ヵ月後に葉子が生まれたから」。

でも、それらしい記述がほかには見当たらなかったので....思わせぶりなだけかもしれませんね。

「ラジオ・エチオピア」は、面白くないようですね〜。
借りるの止めました。目安があると、助かります。

| 振り飛車党 | 2007/06/13 8:39 PM |
こんばんは。
「8ヵ月後」というのは、確かに葉子の出自を疑わせますね。
もしそうだったとしたら、また作品の評価が下がってしまいそうな自分です…。

感情的な感想を書いてしまっていますが、「ラジオ・エチオピア」は残念ながら駄目でした。
蓮見圭一という作家をコンプリートするぞ!という目的でもない限りはおすすめできません。
物は試しに、とチャレンジなされたら、是非ご感想を聞きたいです!
| likesdislikes | 2007/06/13 9:48 PM |
コメントする