<< グルメ探偵と幻のスパイス/ピーター・キング | main | チルドレン/伊坂幸太郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
太平洋の薔薇/笹本稜平
評価:
笹本 稜平
光文社
¥ 700
(2006-03-14)
伝説の名船長・柚木静一郎は最後の航海を迎えていた。
横浜への帰路を襲った海賊の罠。
船を乗っ取った彼らの目的は、積荷や身代金ではなかった。
裏で、悪名高いテロリストが糸を引いていたのだ。
乗組員の命を楯に取られ、柚木は無謀とも言える嵐の海への航海に挑んでいく。
同じ頃、ロシアでは100トンにも及ぶ、史上最悪の生物兵器が盗み出されていた―。
大薮春彦賞受賞作。


思い出の船「パシフィック・ローズ」での引退を決めていた航海で、柚木は海賊に襲われ捕虜となる。
積荷や身代金目当てだと思われた海賊たちは、その後おかしな行動を取るようになり、柚木に無謀な操船を強要し船はロシアへ。
そこで積みこまれた荷物は何なのか。
一方、国際海事局海賊情報センター勤務の柚木の娘は海上保安庁やインドネシア政府と協力して父を救おうとするが……というストーリー。

バイオテロを目論む組織や、それを知り「犠牲者」を最小限にしようと画策する各国、天才的な主人公に父を慕う娘と、てんこ盛りと言ってよい内容の海洋冒険小説でした。
私がこの手の小説を好むということもあるでしょうが、かなり満足した作品です。
特に物語の後半部分は多くの伏線が消化され、読者としては先が読めるというのに、先が読みたくって仕方がなくなる程どっぷりと世界にはまらさせていただきました。
甘い部分もあるのでしょうが、その甘さまで含めてそのラストシーンには「冒険小説らしい」と思わせてくれます。

上下巻完結。
太平洋の薔薇 (下)
太平洋の薔薇 (下)
笹本 稜平
| [国内作家:さ行]笹本稜平 | 17:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:29 | - | - |
コメント
コメントする