<< 絡新婦の理/京極夏彦 | main | 陰摩羅鬼の瑕/京極夏彦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
塗仏の宴 宴の支度・宴の始末/京極夏彦
文庫版 塗仏の宴―宴の支度
文庫版 塗仏の宴―宴の支度
京極 夏彦

「知りたいですか」。郷土史家を名乗る男は囁く。
「知り―たいです」。答えた男女は己を失い、昏き界へと連れ去られた。
非常時下、大量殺戮の果てに伊豆山中の集落が消えたとの奇怪な噂。
敗戦後、簇出した東洋風の胡乱な集団六つ。
十五年を経て宴の支度は整い、京極堂を誘い出す計は成る。
シリーズ第六弾。

文庫版 塗仏の宴―宴の始末
文庫版 塗仏の宴―宴の始末
京極 夏彦

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねぇ」。
その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。
接点は果たしてあるのか?
ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴」の驚愕の真相。


新作が出る(出た)のをきっかけに再読しているシリーズなんですが、これは読んでいません。
しかも納得ができない!
そういう作品こそ再読しろよ、というお叱りは甘んじて受けましょう。
でも面白くない長い作品は読めないですよ…。
いえ、いくらミステリすれすれ作品だと了解していても、これはないです。
これを許すと前提がおかしくなる。
前作第5作がすっきりしていただけに残念でした。
登場人物の多さはまさに「宴」という感じなんですけどね。
それに関口君の扱いに涙が…(←結局そこか)

↓分冊は「支度」「始末」ともに3冊。
分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (上)
分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (上)
京極 夏彦
分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(上)
分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(上)
京極 夏彦
| [国内作家:か行]京極夏彦 | 12:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:23 | - | - |
コメント
コメントする