スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
吾輩はシャーロック・ホームズである/柳広司
評価:
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
(2009-09-25)

ロンドン留学中の夏目漱石が心を病み、自分をシャーロック・ホームズだと思い込む。
漱石が足繁く通っている教授の計らいで、当分の間、ベーカー街221Bにてワトスンと共同生活を送らせ、ホームズとして遇することになった。
折しも、ヨーロッパで最も有名な霊媒師の降霊会がホテルで行われ、ワトスンと共に参加する漱石。
だが、その最中、霊媒師が毒殺されて……。
ユーモアとペーソスが横溢する第一級のエンターテインメント。


ホームズの物語を発表したことですっかり有名になったワトスンのもとに、自分が名探偵ホームズだと思い込んでいる東洋人が連れてこられる。
そのナツメという小男のためにワトスンは、しばらく彼と共同生活を送ることに。
著名な霊媒師の降霊会に招待された二人は殺人事件に巻き込まれ……というストーリーです。

歴史上の人物を探偵役に、あるいは語り手にしたミステリやパスティーユ作品を多く書いてきた著者ですが、今回は実在する夏目漱石を虚構のホームズの世界で活躍させてしまう内容でした。
とはいえ、本作では夏目は見た目、完全な狂人。
自分をホームズだと思い込んで、かつとある陰謀のために“ナツメ”という日本人留学生に成りすましているという複雑かつ馬鹿馬鹿しい設定です。
ただその滑稽さの背後には、西洋という巨大な壁にぶつかった漱石の悲哀が隠れています。
不細工な小男でしかないナツメもまた、その基準でしか物事を見れないあわれさは、現代日本でも通じるところがあるかもしれません。

謎としては、単純。
ホームズという希代の名探偵を使ったにしては小粒な印象です。
(私がホームズに深い思い入れがないせいかもしれませんが。そういえば大人になってからは読んだことがありません)
しかしその設定で読ませてしまっているかと思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]柳広司 | 10:19 | comments(0) | - |
シートン(探偵)動物記/柳広司
“悪魔”と恐れられる巨大な狼との知恵比べの最中、のどを食い破られた死体に遭遇する「カランポーの悪魔」。
老カラスの宝物からダイヤを見つけたことで奇想天外な盗難事件に巻き込まれる「銀の星」等、全七編収録。
自然観察者にして『動物記』の作者シートン氏が、動物たちを巡って起こるさまざまな難事件に挑む連作短編ミステリー。


連作短編集で
「カランポーの悪魔」「銀の星」「森の旗」「ウシ小屋密室とナマズのジョー」「ロイヤル・アナロスタン失踪事件」「三人の秘書官」「熊王ジャック」
の計7編を収録。

あの「シートン動物記」の著者であるシートンが探偵役をつとめる、連作短編集です。
著者お得意の歴史上の有名人が探偵をするという作風ですが、連作短編集なせいか、実際の事件に遭遇するのではなくシートンがかつて経験した謎(殺人から猫探しまで様々)を記者である語り手に語るという形式のせいか、こじんまりとした印象でした。
もしかすると私がかつて読んだ「シートン動物記」への印象の悪さ(まったく面白いと思えなかったのです。子供向けに編集されたものだったと思うのですが……)が影響しているのかもしれません。
謎解き自体はなかなか綺麗ですし、実際の「シートン動物記」の内容とうまくからめている様はさすがです。
かつて楽しんだ方には、面白いのではないかと思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]柳広司 | 11:42 | comments(0) | - |
ザビエルの首/柳広司
聖フランシスコ・ザビエル。
日本にキリスト教を伝えたその人の首が、あるはずのない鹿児島で発見されたという。
彼の首と、目を合わせてしまった修平の意識は、聖人が立ち会った四百年以上前の殺人の現場へ跳ばされる――。
時空を超えて、誰もがその名を知る歴史上の人物にまつわる謎を解く異色ミステリー。


フリーライターの片瀬修平は、お得意様のオカルト雑誌「ワルプルギス」から、鹿児島で発見されたというフランシスコ・ザビエルの首についての記事を頼まれる。
カメラマンの新道出と共に山村に赴き、隠れキリシタンたちの祭りと共に首を取材中、修平の意識はザビエルが来日した際の修道士の意識に寄生するかたちで目覚める。
周囲を認識することはできるが、自ら動くことはかなわない、そんな異常な状況で、修平はザビエルのまわりで起こった事件を見聞きすることに……というストーリーです。

章ごとに一つ謎があるので、連作短編のような形式です。
歴史ミステリでもありますが、設定的にはファンタジーともSFともとれるような作品でした。
何しろ語り手の主人公の意識が、ザビエルの首を目にした途端に、400年以上前にタイムスリップしてしまうというのですから、予備知識なしで「柳広司でこのタイトルということは歴史ミステリだろう」と読み始めると驚かされます。
ただ、設定は前述のように凝っていても、内容的にはあまり著者の作品群と変わらないかもしれません。
現代人が(意識だけとはいえ)タイムスリップするという状況はありますが、歴史上の偉人・著名人が出会った事件の謎を解くという大筋は一緒だからです。
そのタイムスリップ云々のあたりの設定の妙や最後のオチは読んでいただくしかないのですが、当初は感じた違和感も半ばには消えていました。
その点安心できるかと思います。
しかし、まあ、こういう設定が私の苦手であることは事実なので、タイムスリップなどという手を使わなくても現代人を主人公において歴史上の謎を解くミステリで良かったのではないかと思ってしまったのも事実。
もちろん、明るくて読みやすくて、最後まで楽しんだのもまた事実ではありますが。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:や行]柳広司 | 22:49 | comments(0) | - |
百万のマルコ/柳広司
評価:
柳 広司
東京創元社
¥ 720
(2007-03)
黄金が溢れる島ジパングで、大冒険の末、黄金を捨てることで莫大な黄金を手に入れた――。
囚人たちが退屈に苦しむジェノヴァの牢。
新入り囚人<百万のマルコ>ことマルコ・ポーロは、彼らに不思議な物語を語りはじめる。
いつも肝心なところが不可解なまま終わってしまう彼の物語。
囚人たちは知恵を絞って真相を推理するのだが……。
多彩な謎が詰まった、文庫オリジナル連作集。


「東方見聞録」のマルコ・ポーロを探偵(?)役とした連作集で
「百万のマルコ」「賭博に負けなし」「色は匂へど」「能弁な猿」「山の老人」「半分の半分」「掟」「真を告げるものは」「輝く月の王女」「雲の南」「ナヤンの乱」「一番と遠くの景色」「騙りは牢を破る」
の全13編。
数からわかるように、本当に短編を集めたものです。
よってトリックがやや馬鹿馬鹿しいものや、同じ雰囲気でワンパターンかなと思わせるものもあるのですが、著者お得意の歴史ミステリの魅力は充分で楽しめました。
もうちょっと語り手の物語作者に特徴があれば良かったかなと思います。
| [国内作家:や行]柳広司 | 19:49 | comments(0) | - |
新世界/柳広司
新世界
新世界
柳 広司

1945年8月、砂漠の町ロスアラモス。
原爆を開発するために天才科学者が集められた町で、終戦を祝うパーティが盛大に催されていた。
しかしその夜、一人の男が撲殺され死体として発見される。
原爆の開発責任者、オッペンハイマーは、友人の科学者イザドア・ラビに事件の調査を依頼する。
調査の果てにラビが覗き込んだ闇と狂気とは。


原爆(核兵器)に思い入れがある私にとっては、この作品で描かれる“地獄”に引っ張られてしまい、本格ミステリを読む体勢に至らずに読みすすめ、犯人が示されてもぽかんとしてしまいました。
とはいえ、戦争をテーマにした作品の多くになる後味の悪さはあまりなく、良い意味でエンタテイメント作品です。
どうも既読の範囲での感想ですが、著者は社会の変動や事件によって価値観が揺れる人々を描くのが好きなようです。
それがストレートに現れている作品かと。

物語は、オッペンハイマーが書いた小説を怪しいアメリカ人が“柳広司”のもとに持ち込んでくることで始まります。
こういう設定は嫌いではありません。
| [国内作家:や行]柳広司 | 01:10 | comments(0) | - |
はじまりの島/柳広司
はじまりの島
はじまりの島
柳 広司

1835年9月、英国海軍船ビーグル号は本国への帰途ガラパゴス諸島に立ち寄った。
真水の調達に向かう船と一時離れ、島に上陸したのは艦長を含む11名。翌日、宣教師の絞殺死体が発見された。
犯人は捕鯨船の船長を惨殺し逃亡したスペイン人の銛打ちなのか?
若き博物学者ダーウィンが混沌の中から掬い上げたのは、異様な動機と事件の驚くべき全体像だった!
本格ミステリの白眉。


既読の著者の作品の中では一番おすすめです。
歴史上の著名人である、あの「進化論」のダーウィンを探偵役に据えて、当時の世相や大航海時代の矛盾点なども織り込む方法は他作品と同じなのですが、小説としての面白さとミステリがうまく重なり合っていて違和感がありません。
派手な殺人事件に奇抜なトリックと、本格らしさも損なわれていませんし、そのトリックもまた「らしく」て良いです。
| [国内作家:や行]柳広司 | 01:03 | comments(0) | - |
贋作『坊っちゃん』殺人事件/柳広司
贋作『坊っちゃん』殺人事件
贋作『坊っちゃん』殺人事件
柳 広司

「坊っちゃん」の裏に浮かぶもう一つの物語。
東京に帰った「坊っちゃん」は、山嵐に赤シャツの自殺を知らされ、再び松山へ。
そしてもう一つの物語が明らかになる。
漱石の作品世界を再構築した物語。
第12回朝日新人文学賞受賞作。


これを読むために「坊っちゃん」を読みました。
続けて読んだせいか、あまりに巧く再構築された世界にすっかりはまってしまって、トリックを考える暇がなかったです。
途中から「坊っちゃん」の世界から離れ、当時の社会情勢なんかも取り入れられて切ないラストになだれ込むのですが、それでも殺人事件のトリックに関しては驚く程本格推理もの。
うまいです。

…しかし漱石の「坊っちゃん」にあまり魅力を感じない(というかあの文体がきつい)私にはちょっと重い作品でした。
| [国内作家:や行]柳広司 | 00:57 | comments(0) | - |
黄金の灰/柳広司
黄金の灰
黄金の灰
柳 広司

1873年、オスマン・トルコの辺境、ヒッサルリクの丘。
シュリーマンは、伝説の都市トロイアがこの地に実在したことを証明する、莫大な黄金を発見した。
しかし、それをきっかけに、シュリーマン夫妻の周囲で不可解な事件が続発する―。
混沌と緊迫の世界で繰り広げられる推理合戦の果てに、シュリーマンがくみ取った驚愕の論理とは?
鬼才のデビューを飾った傑作本格ミステリ。


著者デビュー作。
シュリーマンといえば、皆がただの物語だと信じたトロイアを発掘した変人という知識しかなく、大丈夫かなと読み始めたのですが、何のことはない普通の本格推理でした。
登場人物は富豪で変人のシュリーマン、シュリーマンの二度目の妻、イギリス人でありながらアメリカ大使館の副領事を務める男、その紹介で発掘作業を見学に来たアメリカ人、現場監督のギリシャ人とその妻、教会牧師、その牧師より尊敬を集める修道士、トルコ人の役人などなど。
発掘した黄金の行方と殺人事件、それだけでない謎が絡み合って、すべてが怪しい雰囲気に。
しかしトリックは本格モノで、すっきりしていて、読みやすいです。
| [国内作家:や行]柳広司 | 00:46 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |