スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セカンド・サイト/中野順一
セカンド・サイト
セカンド・サイト
中野 順一

キャバクラのボーイ・タクトは、店のナンバーワン・エリカにストーカー退治を依頼され、また気になる存在の新人キャスト・花梨に他人の近未来を知る不思議な力が備わっているのを知る。
エリカが何者かに殺害され、独自の調査を進めるタクトは、「夢丸」と呼ばれるドラッグの存在を知る。
第20回サントリーミステリー大賞受賞作。


20回にして最後となったサントリーミステリー大賞の、最後の大賞受賞作。
途中で読むのをやめてしまおうかと思うギリギリのラインの小説でした。
予知能力者の花梨の存在感やオチは嫌いではないのですが、そういったプロットのしっかりした部分と、主人公・タクトの駄目男ぶりがちぐはぐな印象。
タクトは今時の若者なのかもしれませんが、無鉄砲で考えなしで、私にはとてもじゃないですが魅力的な主人公にはうつりませんでした。
これも好き嫌いなんでしょうね。
ミステリというよりサスペンス。
| [国内作家:な行]中野順一 | 19:34 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |