スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
告白/湊かなえ
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!
“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。


校内で教師の娘が死亡する事件が発生する。
事故死と処理されたが、その教師の最後のホームルームで、衝撃的な告白がある。
「娘はこのクラスの生徒に殺された」と。
この事件を巡る当事者たちの“告白”とは……というストーリーです。

デビュー作だと聞けば、確かにうまいと納得できます。
叙述ですね。
話題作らしい派手な内容で、大変面白く読みました。

しかし深みは一切ない。
というか、筋書きよりもかなり軽い印象しか与えないもので、それで万人受けする(様々な評価が高くなる)ようになったのかと思う一方で、センセーショナルなだけではない何かを著者が伝えたかったのだとしたら、残念なことです。
(あまりにさくさく読めて、どうも「本屋大賞」とやらは、1時間程度で読みきれるような作品ばかりを推しているのではないかとさえ思ってしまいました。過去の作品を考えても)

ただ、内容自体は大好きです。
登場人物たちが皆自分勝手で(女性教師の元婚約者も)その類型化が好みでした。
共通項があるせいで人物がうまく書き分けられていない気がしましたし、第三章の語り手なんてもっと気持ち悪く!!と思いましたが、それもまあデビュー作と思えば許せる範囲。
軽さも私が重厚なストーリーを勝手に予想したせいかもしれませんし、エンタテイメント作としてはアリかと。
これを映画化するというのは大変そうですが、完成したら是非観たいと思わせてくれます。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:ま行]湊かなえ | 15:23 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |