スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
阪急電車/有川浩
隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった……。
片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。
乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。
恋の始まり、別れの兆し、途中下車――人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。
ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。


征志が宝塚駅で隣り合った女性は、よく行く図書館でついつい気になって見てしまう、一方的に知っている人物だった。
彼女の目線で発見したのは、川の中州にある『生』の文字。
つい見入ってしまったおかげか、彼女に話しかけられ……。
宝塚南口駅から乗り込んだ翔子は、友人に寝取られた元カレの結婚式帰り。
復讐に燃えた翔子は、花嫁より美しい白い装いで出席し、途中で退席していた。
そこに逆瀬川駅から乗ってきた老婦人と孫娘が声をかける……という風に、片道15分の路線で起こる、人と人とのつながりを描いたストーリーです。

正直なところ長編だったことに今気付きました。
連作短編集かと思っていたので、ネタバレにならないようにストーリーを説明するのが難しいですね。

凄く読みやすい、あっさりとした作品でした。
この読みやすさは、著者の良い点だとは思います。
路線を使った設定も面白いです。
登場人物の交錯の仕方も、まるで駅から駅へと行く線路のようなシンプルな作りなのも、設定に合っていると思います。
話が路線のように折り返しになっている(上り下り)のもいい。

しかし、何というかこうまで軽いと「ラノベ作家」というのがいつまでもつきまとうような気がしてなりません。
ラノベを悪いというのではなく(中・高とラノベで育ちましたから。当時の有名作品ならほとんど家に眠っているはずです)「ラノベ」が底が浅い表現に使われてしまうのではないかと。
著者の作品のうち代表作と言われている『図書館戦争』シリーズは未読ですから滅多なことは言えませんが、この作品に限れば、ここから何かを得ることはないでしょう。
一時の楽しみがある、という反論もあろうかと思いますが、読後に悩んでしまうような“軽さ”も“ラブコメ”も、それと言えるかどうか、私には納得ができません。
いえ、ラブコメだというならしっかりラブコメにして欲しいですよ。
下手に人情話系を挟むから、あれ?という気分にさせちゃうんです。
しかも文句を言いつつ読んでいるせいか、登場人物に既視感がありまくりで……。

まぁ、もしかしなくても、登場するカップルたちに全然胸キュンしなかったのも大きいです。
少女漫画の世界でも、素敵と思わせたら勝ちでしょうが、私には合わなかったんでしょうね。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 00:30 | comments(0) | - |
クジラの彼/有川浩
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
(2010-06-23)

『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』
彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。
聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。
いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。
そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる……。
表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。
有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾。


制服ラブコメシリーズ第1弾。

短編集で
「クジラの彼」「ロールアウト」「国防レンアイ」「有能な彼女」「脱柵エレジー」「ファイターパイロットの君」
の計6編を収録。

自衛官が登場する恋愛もの短編集です。
軽い文体と、これぞラブコメというような、甘酸っぱさがよろしいかと思います。
何が良いって、登場人物によくあるブンゲイ作品のキャラクタのような、斜に構えた感じがないこと。
読んでいてイライラさせられるような、あのうっとおしさがないせいで、さっぱりした読後感でした。
ただ、いつものようにラノベ風で、たまに出会ってしまうブンゲイ作品の臓腑を抉られるような衝撃はまったくありません。
短編ということもあって、軽く読めてそのまま本棚に仕舞える感じ。
そうだとわかって、というかそれを望んで読みはじめれば、正しく満足できるかと。
しかし著者の作品は初めてだという方には、長編作品の番外編が入っているという点をのぞいても、あまりおすすめしませんね。

表題作「クジラの彼」と「有能な彼女」が『海の底』(参考)、「ファイターパイロットの君」が『空の中』(参考)の番外編です。
その後が読めるだけに嬉しかったりもしましたが、この短編集で一番好きだったのは「ロールアウト」でした。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 23:20 | comments(0) | - |
塩の街/有川浩
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
(2010-01-23)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。
世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが――「世界とか、救ってみたくない?」。
ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。
『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!
番外編も完全収録!!


巨大な白い隕石が世界各地に落下。
直後から、塩に街を侵食し始める。
それは街に限らず、人間までも塩と化し、都市機能は麻痺状態となる。
塩害により両親が行方不明となった女子高生・真奈は、危ういところを拾ってくれた秋庭と共に、暮らしていた。
確実に終末へと向かう世界で、穏やかに過ごしていた二人の世界は、ある出会いにより変わっていく……というストーリーです。

本編の他、番外編が『塩の街、その後』としてまとめられ
「旅のはじまり」「世界が変わる前と後」「浅き夢みし」「旅の終わり」
の4編が収録。

電撃小説大賞受賞作にして著者のデビュー作であり、『空の中』(参考)『海の底』(参考)と並ぶ、自衛隊三部作です。
ようやく読みました。
電撃文庫からハードカバー化という珍しい形態で出版されておりましたが、ようやく文庫落ちしました。
加えて、番外編も収録されていて、お徳なのかもしれません。

大人向けライトノベルという著者の方向性はよくわかりますが、この作品は真っ当なライトノベルでした。
読みやすく、恋愛モノらしい甘ったるさと、ヒーローとヒロインというわかりやすさ。
じっくり読んでホロリとくるような深みは私には感じられませんでしたが、出来の良い作品でしょう。
また、設定が良いですね。
塩に呑み込まれつつある荒廃した東京、だなんて物凄く綺麗です。
大規模な災害が一気に起きたのとは違う、徐々に都市としての機能が失われていく状況が良いですし、その結果としての荒れたイメージと、白い塩のミスマッチが上手い。
そのままストレートなタイトルも、何故か良いです。

ただ、本編と番外編の量のバランスが悪いような。
というかそもそも本編の各編、各編がとびとびな印象です。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 12:41 | comments(0) | - |
レインツリーの国/有川浩
きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。
まして、ネット内時間は流れが速い。
僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。
だが、彼女はどうしても会えないと言う。
かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。


ある忘れられないライトノベル小説を検索したことから、伸行は『レインツリーの国』というブログで感想を読む。
その内容に興味を持った伸行は、すぐにメールを出し、そこからサイト管理人・ひとみとのやり取りが始まる。
彼女に会いたい、そう思うようになった伸行だったが……というストーリーです。

著者の代表作「図書館戦争」シリーズの第2巻『図書館内乱』の作中に登場する本がこの物語、というコラボがファンに嬉しい(であろう)(何故なら図書館戦争シリーズは未読です)作品です。
それを除けば、とても普通の恋愛小説でした。
内容紹介も事前知識も何もない状態で読み始め、ちょっと驚いてしまいました。
恋愛以外の成分がほとんどないとは思ってもいませんでしたので……。
著者の作風への勝手な思い込みですね。

特筆すべきことは、ヒロインのひとみが聴覚障害者であるということ。
そういう女性がヒロインになって何がおかしいのか、というのが著者の思いだとしたら、それは叶っています。
彼女のちょっとややこしい性格は別に障害者だからというレベルではないですし、でも切り離せはしなくて、結局ただの恋の話ですから。
まさに「真っ向勝負で飛び道具なしの恋愛物」です。
叶っていると思いながらも、しかし物足りないのは何故でしょうか。
二人を結びつけた衝撃的なラストを迎えた忘れられない小説と重なる部分があるという構成は嫌いではありませんし、甘ったるい話自体ドンと来い!なはずなのですが……。

ヒロインはともかく、ヒーローである伸行に厚みが感じられないせいかもしれません。
彼は包容力も行動力もあって、大人の男の人です。
魅力的なはずですし、そう描かれているとも思うのですが、「そう思う」だけで「そう感じ」はしません。
綺麗なだけでペラペラに思えます。
ヒロインに振り回されて、一方的に酷い目に合う(まあ彼が「会いたい」と言い出したのですから、仕方はないのかもしれませんが)キャラクタだというのに、私みたいな読者に駄目出しされてはかわいそうですが。
駄目男が好きというわけでもないんですけどね〜。

作品自体は短くて、あっさりしていて、文章もさっぱりして読みやすいですし、軽く読まれる方には良いかもしれません。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 12:54 | comments(0) | - |
海の底/有川浩
評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 740
(2009-04-25)

4月。
桜祭りで開放された米軍横須賀基地。
停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。
巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」
自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、彼らはなぜか「歪んでいた」。
一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、機動隊は凄絶な戦いを強いられていく――ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント。


横須賀に停泊した海上自衛隊潜水艦『きりしお』の乗員である、夏木三尉と冬原三尉はいたずらがもとで上陸を禁止されていた。
そこに、巨大なザリガニのような生き物が来襲。
艦内に残る全員が退去しようとした時、追いかけられる子どもたちの救出行動に出た彼らは『きりしお』内に逃げ込み、取り残されてしまう。
一方、巨大なザリガニに捕食された人々は逃げ回るが、警察には対処能力はなく、自衛隊の武器を使用しての出動は難しく……というストーリーです。

デビュー作「塩の街」、異種生命体とのコンタクトを描いた「空の中」(参考)に続く、自衛隊三部作のラストを飾る作品だろうです。
つながりはないのでどこから読んでも構わないそうで、事実私も「塩の街」は未読です。

敵がテロリストだろうとゴジラだろうと巨大ザリガニだろうと、こういう系のストーリーは大好きだったはずなのですが……何だか非常に物足りなかったです。
潜水艦とくれば密室劇、日本に有事が起これば縄張り争い、まだ2冊目ですが聞く限りではこの著者の作風だと大人向けラノベということで青春と恋愛が絡む……と、その通りの内容なわけですが……。
大事な密室劇部分が甘い。
「米軍基地の桜祭りにやってきて巨大ザリガニに追いかけられて艦内にとり残された少年少女たちが、同じ町内からやってきていて、微妙な人間関係にある」という設定は良いです。
しかし極度の緊張状態にあるはずの大人たちまで子供っぽくて、その部分はラスト付近で言及されているので意図したものなのでしょうが、読んでいてうんざりしました。
趣味が合わなかったということなのかもしれませんが……出航はしないものの、せっかくの潜水艦ものなのに……と、ついつい残念な気分に。
また、青春物語として潜水艦内の出来事を描くのなら、逆に外の警察と自衛隊、米軍を絡めた縄張り争いはもっとドロドロさせるべきでは。
恋愛が絡むのは嫌いではありませんけどね。
あと、ザリガニの手応えがなさ過ぎる。
もっとパニックを!と思ってしまいました。
(と、ここまで感想を書いていて、私のこの作品への要求が、著者が描きたかったものとは異なるのではないかと思い至りました)

平成ガメラっぽいなぁと思っていたら、解説に影響を受けたとあって納得。
このストーリーがお好きな方は、是非平成ガメラ三部作をどうぞ。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 11:46 | comments(0) | - |
空の中/有川浩
評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 740
(2008-06-25)
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。
高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?
一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生き物を拾う。
大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは――すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタルエンタテイメント!!


国産輸送機開発プロジェクトの試験機と、自衛隊所属のF15が連続して同じ四国沖上空で爆発炎上するという事故を起こした。
同じ原因があったのではないか、国産輸送機開発の夢が頓挫することを恐れている春名高巳は、自衛隊機が事故を起こした際に一緒にいた目撃者の隊員から話を聞くべく、岐阜基地を訪ねていた。
一方、高知で父と離れて暮らしていた斉木瞬は、自衛隊員だった父が事故死したその日に、不思議なクラゲのような生き物を拾っていた。
父の死を忘れようとするかのようにその生き物とのコンタクトを取り、のめりこんでいく瞬に幼なじみの佳江は不安を憶えるが……というストーリーです。

もともとラノベ読みでそれに違和感を感じない身としましては、よく出来た作品であり、読んで損はしないと言い切れます。
(知人のように「著しく日常や常識から乖離した設定すべてが受け入れられない」という方でなければ)
“大人向けのラノベ”とはよく言ったもので、青少年の青臭い視点と甘ったるい文章は確かにそう。
上空高度2万メートルに存在していた「人類外の知的生命体」とのコンタクトと、その後彼らを敵視したグループや諸外国との外交戦など、固くしようと思えばいくらでも固く出来る設定です。
ところが、これはあくまで“青春物語”でしかありません。
パイロットだった父を亡くした少年とその幼馴染み、それに同僚パイロットを亡くした女性自衛隊員と民間航空機プロジェクトに参加している青年の二組の、共に成長を描いております。
それも非常に爽やかに。
問題が物語上発生しても心が痛くなるシーンなんて全然なくて、サラッと読んでしまえます。
それが悪いというわけではなく、むしろそれを楽しむことは出来たのですが、そんな収束の仕方でいいの?と思わずポカーンとしてしまうようなこともあり。

とにかく、「面白かった!!」という素直な感想と「こんなに魅力的なSF設定を持ってきておいて、こんな甘く物語を展開させるのか!!」という勿体なさが入り混じった読後感でした。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]有川浩 | 16:57 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |