スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ウルトラ・ダラー/手嶋龍一
1968年、東京、若き彫刻職人が失踪した。
それが全ての始まりだった。
2002年、ダブリン、新種の偽百ドル札が発見される。
巧緻を極めた紙幣は「ウルトラ・ダラー」と呼ばれることになった。
英国情報部員スティーブン・ブラッドレーは、大いなる謎を追い、世界を駆けめぐる。
ハイテク企業の罠、熾烈な諜報戦、そして日本外交の暗闇……。
わが国に初めて誕生した、インテリジェンス小説。


BBC特派員という肩書きの陰で母国イギリスの情報部員も勤めるスティーブンは、“ウルトラ・ダラー”と呼ばれる新種の贋札が発見されたことを知らされる。
モスクワ経由ダブリンで発見された、本物とほとんど見分けのつかないその贋札の震源はどこなのか。
アメリカ・シークレットサービスの一員である旧友や、日本の外務省官僚と情報をやり取りしながらスティーブンはその行方を追いかけるが……というストーリーです。

「今読んでいるの何?」
「『ワシントンの手嶋です』」
「ああ、あの人の……」
という会話が普通に成り立つぐらい、作家というよりやはり報道の方という印象が強い著者ですが、その通りの内容でした。
中身は凄く興味深いです。
贋札のこと、北朝鮮外交のこと、アメリカの動き、武器密輸……と目白押しな作品です。
しかし小説としては駄目。
まず登場人物たちのほぼすべての“顔”が全然見えてきません。
キャラクタ性がなくて、こういう作品に登場する人々にあって当然な欲といったものが全然見えてこない。
そして、ノンフィクションではなく小説としたのであれば必要な物語性もさっぱり。
もっとこう核となるような何かが、欲しかったです。
しかも「頑張って書きました」感が漂う稚拙な文章とくれば、本当に読むのに時間がかかりました。
小説としての下手さで、書かれている事案のどこからどこまでが事実で、どこからがノンフィクションなのかが判断つかなくなっているという利点はありますが、私が求めていたのは情報そのものではなく「小説」です。
内容云々よりも、妙にがっかりしました。
どうもジャーナリスト出身の方の文章は馴染めないという私の趣味はありますが、これはこの分野に興味のある方以外にはあまりおすすめできません。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:た行]手嶋龍一 | 16:51 | comments(2) | - |
| 1/1PAGES |