スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
墓標なき墓場/高城高
大学在学中、雑誌〈宝石〉の懸賞に「X橋付近」を投じ一位入選、江戸川乱歩の絶賛を受けデビューする。
以来、「賭ける」「淋しい草原に」「ラ・クカラチャ」などの傑作を発表し、日本ハードボイルドの礎を築いた伝説の作家の作品を集成する《高城高全集》。
第一巻は、北海道で勃発した天陵丸沈没事件の謎を、不二新報の支局長・江上武也が追う、著者唯一にして幻の長編。
初文庫化。


不二新報網走支局長の江上は、夕食時に妻から聞かされた訃報に三年前の漁船沈没事故を思い出す。
死んだのは、その事故を過積載による単独事故ではなく衝突だったとすっぱ抜いた江上に最初は証言したものの、その後恐喝されたた訴えた男だった。
そのせいで江上は釧路から網走に追われたのだ。
しかも、その事件でサルベージをしていた男まで死んでいたことも聞かされた江上は、三年ぶりに釧路に戻ることにする……というストーリーです。

日本ハードボイルドの原点ということで読んでみたのですが、雰囲気のある作品でした。
古い作品だけあって、物足りない部分もあります。
第一部で三年前の天陵丸沈没事件の当時がどうであったのかを描き、第二部で二人の死者が出たことに疑問を憶えた江上がいかに事件を追いかけていくか真相は、という構成なのですが、第一部の詳しさに比べて第二部がやけにあっさり。
もう倍量があってもおかしくないですし、そうであって欲しかったです。
ですが雰囲気が完全にハードボイルド。
新聞記者の主人公は女房持ちで網走に飛ばされて枯れたように見せかけておきながら精力的に犯人を追い詰めていきますし、それでいながら淡々としています。
また印象的な女性も登場。
そして、あとがきに釧路の霧はコーンポタージュのようだ、とあるのですが、その通りのじっとりとした印象の作品でした。
私は好きです。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]高城高 | 19:32 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |