スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TENGU/柴田哲孝
二十六年前の捜査資料と、中央通信の道平記者は対面した。
凄惨きわまりない他殺体の写真。
そして、唯一の犯人の物証である体毛。
当時はまだなかったDNA鑑定を行うと意外な事実が……。
一九七四年秋、群馬県の寒村を襲った連続殺人事件は、いったい何者の仕業だったのか?
七〇年代の世界情勢が絡む壮大なスケールで、圧倒的評価を得て大藪春彦賞に輝いた傑作。


中央通信の記者である道平慶一は、鑑識の大貫に26年ぶりに群馬まで呼び出された。
そして癌に蝕まれた大貫から26年前の未解決事件の真相解明を託される。
新たな捜査資料、そして新米記者としてだけでなく事件に関わった道平が保存していた犯人のものと思われる体毛のDNA鑑定、それに新たな証言……。
道平は事件を追いかけるが……というストーリーです。

面白くなかったわけではないのですが、趣味ではありませんでした。
大藪賞受賞ということで買ったことや、「世界情勢が絡む」とあったので、ばりばりのハードボイルドを予想していたら、肩透かしを食らった感じです。
それにミステリとしても趣味ではありません。
群馬の寒村、複雑な血、盲目の美人未亡人、凄惨な殺人事件といった直球路線であればもっと楽しめたのに、と思ってしまいます。
読みやすいですし、頑張って書いていると思うのに、何故か残念な気がしてしまう作品でした。
ただ、記者が主人公で、まるで新聞に載っているような事件ルポを読んでいるような構成になっているのは面白いと思います。

その他気になった点はネタバレになりそうなので、隠します。
全然詳しいことは書いていませんが、ミステリ・サスペンス作品なだけに、何一つ知りたくない方はご注意下さい。


JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| [国内作家:さ行]柴田 哲孝 | 09:39 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |