スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブラックスローン インディゴの夜/加藤実秋
個性的なホストたちが人気を集める渋谷のホストクラブ「club indigo」。
常連客の真千子が殺され、指名されていたホスト・DJ本気が疑われる。
オーナーの晶とホストたちが事件を追ううち、ネット上に「もう一つのindigo」が存在し、真千子がそこを運営していたことが分かる。
ネットとリアルの両方から犯人探しを進める晶たちだが……。
大人気シリーズ最新作が文庫オリジナルで登場!


「インディゴの夜」シリーズ第5弾。

ホストクラブブームで様々なタイプの男の子と遊べる場所が増えるなか、club indigoの売上は上々。
そんな中、クラブの常連・真千子が殺され、DJ本気が疑われる。
アリバイがあるものの、いつものように事件に首を突っ込むindigoの面々は、真千子の手帳からネットの仮想空間に原因があると踏むが、「きゃぴタウン」の経営者は一癖も二癖もありそうな男で……というストーリーです。

第4弾「Dカラーバケーション」が行方不明なので、感想も一つ飛ばして、長らく積読していた第5弾です。
(私事ですが、床にタワー状態の文庫が積まれていて、何がどこにあるのか、そもそも読んだのか読んでないのかもわからない状態です。第6弾も行方不明なんですけど、収納場所が少ない方々はどうやって管理しているんでしょうね。そもそものズボラが形になっているだけという説も大きいですが)
さて、内容はというと、シリーズ初の長編です。
毎回、悪く言えば風化しそうな現代的要素を突っ込んでくる著者ですが、今回は仮想空間でのトラブルが事件の背景となっています。
ネットでのトラブルがリアルに影響しちゃうのは、むしろ現実でもどんどん進んでいることかもしれませんね。
あれこれ説明するためにオーナー二人を物知らずにする作法はあまり好きではないですが、おばさん臭いのが語り手・晶のキャラクタと考えれば、長編になろうといつものノリ、ということでしょうか。
軽く楽しく読める作品でした。

ただ、いつの間にか創元推理文庫から集英社文庫にお引越ししていて、違和感アリアリ。
創元推理の装丁の方が好みだったし、イラストもだし、そもそも集英社文庫の紙とか手触りとか大嫌いなんですよね。
大人の事情というやつでしょうが、残念でした。


JUGEMテーマ:読書

| [国内作家:か行]加藤実秋 | 13:26 | comments(0) | - |
アー・ユー・テディ?/加藤実秋
「ほっこり」を愛する和子は、お気に入りの雑貨を並べたカフェを開くのが夢。
代官山のフリマでひと目惚れしたクマのあみぐるみを買って帰ると、なんとクマには殉職した刑事の魂が宿っていた!
事件の捜査中、崖から落ちて死んだのだという。
かわいいあみぐるみからオヤジ刑事の魂を追い出すため、和子は、いやいや真相究明に乗り出す!
珍妙なコンビが軽快なテンポでお届けする爽快エンタテインメント。


バイト帰りに立ち寄ったフリーマーケットで薄汚れたあみにぐるみ一目惚れした和子。
しかし家に帰ると、そのあみぐるみから男の声が。
事件の途中で死んだ刑事の魂が宿っているのだという。
気持ちが悪い!とそのあみぐるみを手放そうとする和子だったが、やはり姿は可愛らしく、惜しい。
普通のあみぐるみに戻すため、またその刑事の幽霊が調査に協力すればバイト代を出すというので、嫌々捜査を始める和子だったが……というストーリーです。

めちゃくちゃ笑ってしまいました。
主人公の人物造形と、そのツッコミ役の幽霊刑事に。
全編通して、24歳にもなってとことん子供っぽく親に反抗したり、「ほっこり」だなんだと趣味に生きる和子のこだわりがこれでもかとばかりに小馬鹿にされていて、たたみかけるように幽霊という非現実的な存在に至極真っ当なツッコミをさせているんですね。
ミステリの筋だとかより、この漫才のような仕掛けに大笑いしてしまいました。
オチがワンパターンですが、そのくどさが好きです。
幽霊が事件を追いかけるのはすでに物珍しいネタではなくそれだけで物語を押すのは辛いと思いますが、この微妙な変化球に納得。
しかもそれだけでは終わらず、「ほっこり」命の主人公が事件を通して変わった部分もあり、逆に変わらずに良い影響を与える部分もあって、綺麗に物語としているのが著者のあざといところ。
主人公以外の登場人物にもパンチがあって、謎もわかりやすく派手で、読みやすかったです。
「インディゴの夜」シリーズでも感じてその通りになりましたが、とことん映像化に向いている作家さんですね。

ただ、残念ながら良質の小説を読みきった!という満足感には程遠いんですよね……。
読後感は良いのですが、とにかく軽い。
考えてみれば事件はそこそこ派手なのに(実際にあったら死刑じゃないですか?犯人)解決してもカタルシスがない。
これがが著者の長所でもあり短所でもあります。

余談ですが、主人公の好きな「ほっこり」が最初あまりイメージ出来なくて悩ましかったです。
途中で「ワンピースにレギンス、ブーツかぺたんこの靴」が「ほっこりスタイル」(自称)と紹介されていて、あああの妊婦と紛らわしいやつか!!と納得。
宮崎あおい系ですよね?(え?違う?)


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加藤実秋 | 16:06 | comments(0) | - |
ホワイトクロウ―インディゴの夜/加藤実秋
ホストたちの要望から、大幅改装を図ることになったclub indigo。
ある伝手で、有名インテリアデザイナーに内装を手がけてもらうことに。
工事期間中の仮店舗探しに晶が奔走する中、ジョン太、アレックス、犬マンはプライベートで事件に巻き込まれてしまう。
一方、店の工事はいっこうに進まず、さらにトラブルの臭いが……。
若者の“いま”を活き活きと描く、好評シリーズ第3弾。


「インディゴの夜」シリーズ第3弾。

短編集で
「神山グラフィティ」「ラスカル3」「シン・アイス」「ホワイトクロウ」
の計4編に、全体を貫く「プロローグ」を収録。

びっくりのドラマ化&舞台化でメジャーになったのでしょうか。
3作目です。
前作(参考)でややマンネリ気味かな?という感想を持っていたのですが、今回は無理のない展開で各ホストが私生活の部分で巻き込まれる事件を描きながら、ホストクラブが舞台という物語の肝を失わせず、ラストに持っていってくれました。
派手さには欠けるかもしれませんが、この展開は好きです。
もちろん語り手としては晶が気に入っているのですが、ホスト探偵団と言いつつ、キャラクタがイマイチだったことを考えると、各登場人物を掘り下げるのはありかと。

ただ、もうちょっと各事件が繋がればなぁと。
ラストの表題作「ホワイトクロウ」で今までの事件がちょっと言及されたり、登場人物が出てきたりするだけでなく、またずっとclub indigoが改装中だということを背景に使うのではなく、短編に見せかけて実ははっきりとひとつの流れになっていたら、と思います。
事件の大小(殺人から商店街の落書きまで)はあれど、可能なはず。
まああくまでも私の好みですし、それなら長編にするよ、ということになるかもしれませんが。
今のままでもまとまりはありましたしね。

どこかで「池袋ウエストゲートパーク」との相似を指摘するものを見ましたが、残念ながらあっちの方が断然上です。
こういうのを比べてはいけません。
ドラマはちらっと見ましたが、昼ドラにも関わらず(←軽い偏見)軽いノリでした。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加藤実秋 | 23:59 | comments(0) | - |
チョコレートビースト―インディゴの夜/加藤実秋
なぎさママの店に押し入った強盗に、晶が投げつけたバッグには、四十三万円ことまりんが入っていた!?
そのまままりんは強盗たちに連れ去られ、晶はホストたちと共に事件解明に乗り出すことに。
表題作「チョコレートビースト」をはじめ、indigoに持ち込まれたストリートのトラブルにホスト探偵団が挑む。
スタイリッシュな文体で、個性的なキャラクターを描いた、シリーズ第2弾。


「インディゴの夜」シリーズ第2弾。

短編集で
「返報者」「マイノリティ/マジョリティ」「チョコレートビースト」「真夜中のダーリン」
の計4編を収録。

前作と同じイメージでテンポ良く進む、連作短編ミステリです。
それだけに「あ、同じね」で流してしまえそうな雰囲気もあって、もうちょっと派手な事件があれば良いかなぁと思ってしまいました。
前作は設定で引っ張れたところが厳しいというか、もうちょっとミステリっぽくして欲しいというか……。
「返報者」は連続ホスト襲撃事件をライバルホストから頼まれて解決に動く話でわりと好きなのですが、犯人はバレバレ。
語り手のフリーライター晶のホストクラブ共同経営者である塩谷が描かれる「マイノリティ/マジョリティ」も、もっと深刻に出来るような気がします。
(そうしたらそうしたで、物語の傾向が変わってしまう気もしますが)
もちろんそれでも相変わらずのキャラクタが動き回るのは嫌ではないのですがね。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加藤実秋 | 20:38 | comments(0) | - |
インディゴの夜/加藤実秋
「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」
フリーライター・高原晶の一言から生まれた、渋谷のホストクラブ
店の評判は上々だが、なぜか次々と事件に巻き込まれる晶たち。
それらを解決するために、個性的なホスト探偵団が夜の街を活き活きと駆け巡る!
第10回創元推理短編賞受賞作を含む連作短編集。


連作短編集で
「インディゴの夜」「原色の娘」「センター街NPボーイズ」「夜を駆る者」
の計4編を収録。

ホストクラブが舞台の連作短編ミステリです。
一応探偵となるのは、本職はフリーライターで、本音を気の合う編集に漏らしたことからホストクラブのオーナーという二足の草鞋をはくこととなってしまった高原晶。
彼女が語り手なのですが、サバサバしていて浮ついたところがなくてちょっとオバサン臭くて、それでいてチャーミングで魅力的。
だけでなくホストたちも一風変わった面子が揃っています。
軽い文体とそれがよく合っていて、非常にテンポよく読みやすい作品でした。
正直、この読みやすさは凄いです。
それでいてちゃんと「ミステリ」していましすしね。

どれも面白かったものの、一番印象深かったのは表題作「インディゴの夜」でしょうか。
店のホストにかけられた嫌疑を晴らすために皆が動く、というのはわかりやすい図式です。
そういう意味では「夜を駆る者」もいい。
事件に巻き込まれるばかりだとマンネリするので、同じ夜の世界の知人から依頼が来るのも王道ですが処理しやすいですし、ライバル店のナンバーワンが絡んでくるのも好きです。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]加藤実秋 | 22:19 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |