スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オレたちバブル入行組/池井戸潤
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。
支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。
すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。
四面楚歌の半沢には債権回収しかない。
夢多かりし新人時代は去り、気が付けば辛い中間管理職。
そんな世代へエールを送る痛快企業小説。


支店長のごり押しで信用貸しした会社が粉飾決算の結果倒産した。
回収しなければならない債権は5億で、社長は行方不明に。
その責任の全てを融資課長の半沢に押しつけようと、本店の人事と深いつながりがある支店長が行動していると同期から聞かされた半沢は、同じく債権を持つ竹下金属の社長を共に回収に動くが……というストーリーです。

設定から想像させる小説の雰囲気はハードボイルドでした。
しかし主人公・半沢の図太さが半端じゃありません。
査問会でも、上司への対応も強気の一手。
もちろん能力もあるわけで、支店長への反感がある部下や同期行員情報提供といった協力を力に、行方不明となった倒産会社社長の企みを暴いていきます。
このあたりは、支店長や社長の視点でも描かれているので、もうちょっとミステリ調にしてくれればもっと楽しめただろうにという不満もあります。
半沢ばかりが目立って「入行組」があまり活躍しないのも微妙。
しかしこれは好みの問題でしょう。
半沢がじりじりと追い詰めているというのに、彼を甘く見ている様子はその後のカタルシスを作っているでしょうし、もともと半沢メインとなるのはストーリー上仕方がありませんし。
しかし、最後の最後で「なるほど!」と思ってしまう展開を見せ、かなり満足しました。
銀行嫌い、バブル世代嫌いの私でもこれだけ楽しめるのですから、よく出来ています。
アクが濃いなぁと個人的に引っかかる部分はありつつも、こういう話でこういう主人公は珍しいこともあって、気に入っています。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:あ行]池井戸潤 | 23:58 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |