スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
謝々!チャイニーズ/星野博美
時は1993年。
中国に魅せられた私は、ベトナム国境から上海まで、改革解放に沸く中国・華南地方を埃だらけの長距離バスに乗って旅をした。
急激な自由化の波に翻弄される国で出会った、忘れえぬ人々。
『転がる香港に苔は生えない』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者の、みずみずしいデビュー作。


旅行記、というのでしょうか。
カメラマンであり文筆家でもある著者が1993年から94年にかけて中国を旅行した時のあれこれをまとめたものです。
93年といえば中国が推し進めてきた改革解放路線が完全に軌道に乗った頃でしょう。
作中でも、いかに中国人たちが「お金を儲けるか」に腐心する様と、そのため生まれた格差が描かれています。
著者はそれを批判するでもなく、非難するでなく、かといって完全に支持するわけでもなく淡々とした目線で追いかけていて、そこに中国への愛が感じられました。
好きでなければ、ベトナム国境地帯から上海まで、長い海岸線を北上して旅していくなんてことは出来ませんよね。

正直なところ私にとっては汚いと思う描写も多いですし、中国人の人々の一部の性質は眉を顰めてしまうものも。
これを読んで、ますます中国には足を踏み入れたくなくなりました。
急な開放路線の結果というようなニュアンスで描かれる中国のお金や商売への考えも世界各地に存在するチャイナタウンを思い浮かべると生来のもののような気がしますし、環境問題に関しては列車の窓からゴミを捨てることに解放感を得たという著者を嫌悪します。
車が全然通ってない道で赤信号を待つ日本人を、私は愛おしく思います。
安易な手段であることは理解しますが、簡単に自国を貶めるような表現は好きではありません。

でも、そういった私の個人的な思想は置いておいても著者の文章は良いですし、本としてのまとまりもあり、著者の撮った写真が素敵でした。
読み応えもあります。
何より上記のようなことを私が考えられるぐらい「中国人」というものを描ききっているわけです。
もちろん著者の捉えた、であって私が実際に行けばまた違う感想を得るのでしょう。
(永遠にその機会はないと踏んでおりますが)
このタイプの作品がお好きな方や、中国に興味のある方、そしてこれを読んで自身が持つ中国人像をもう一度考え直したい方にはおすすめです。
タイトルが「チャイナ」ではなく「チャイニーズ」なのがポイント。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:は行]星野博美 | 19:54 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |