スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人間は考えるFになる/土屋賢二、森博嗣
文系教授(哲学)・土屋賢二と理系助教授(建築学)・森博嗣。
発想も思考も思想も性質もまったく異なる二人が、6回にわたって行ったトークセッション。
小説の書き方から大学の不思議、趣味の定義、友人は必要なのかという根源的な問いまでを軽妙かつ神妙に語りつくす。
読むと学びたくなる絶妙「文理」対談!


文庫化に伴い再読。
対談集です。
大学教授(助教授)同士なので、そういう関係の話もありますが、何故かマニアックな方向には行かず終始ほのぼの。
ゆったり、たまにクスリと笑って読めます。
ただ、最初に単行本で読んだ時より面白くないような気がするので、何度読んでも笑えて仕方がないというものではないですね。
対談後のお二人の小説(ミステリ)は好きです。
特に森博嗣の方は「やられたー!」と思っちゃいました。
両者のファンの方は読んで損はないかと思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:共著]土屋賢二、森博嗣 | 11:25 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |