スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
DIVE!!/森絵都
高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う飛込み競技。
その一瞬さに魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続の条件は、なんとオリンピック出場だった!
女コーチのやり方に戸惑い反発しながらも、今、平凡な少年のすべてをかけた、青春の熱い戦いが始まる――。
大人たちのおしつけを越えて、自分らしくあるために、飛べ!


不振が続く日本飛込み界を救おうと立ち上がった大手スポーツメーカー『ミズキ』の直営するダイビングクラブは、しかし、その音頭を取った会長が急死したことにより存続の危機を迎えていた。
そこに所属する知季は、突如やってきた謎の女性コーチに、クラブ存続のためにオリンピック出場を狙うと宣言される……というストーリーです。

昨年の夏に買ったまま放置していたのを何となく思い出して読んでみました。
決して短くない作品ですが、テンポ良くわかりやすいキャラクタ設定がされていて非常に読みやすい物語でした。
読みやす過ぎて物足りなさがあるぐらい。
ただ、映画公開が目前に迫っておりますが、映像化したくなる気持ちがわかる。
まず飛込みという競技が珍しいですし、それでいて読んでみるとこれがまた緊張感のあるスポーツなのですね。
私は芸術性や型があるスポーツは苦手で、「一番速い人が勝ち」「一点でも多く取ったチームが勝ち」という方が素人でも楽しめるという点からも好きです。
そういう意味で飛込みは魅力ある競技とは思えません。
作中、主人公の弟が居眠りをするシーンがあるのですが、そうだろうと思います。
ですが、これが作家の腕というやつなのか、今度中継があったら真面目に見てみようかと思わせるぐらいには描かれています。
正直登場する少年たちには初々しさが欠ける気がしてならないのですが、これが最近の「青春」というやつなのかもしれません。

上下巻完結。
DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
森 絵都


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:ま行]森絵都 | 12:59 | comments(2) | - |
カラフル/森絵都
評価:
森 絵都
文藝春秋
¥ 530
(2007-09-04)
「おめでとうございます、抽選に当たりました!」
生前の罪により、輪廻のサイクルから外されていた僕の魂は、天使業界の抽選によって再挑戦のチャンスを得た。
それは、自殺を図った少年、真(まこと)の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならない修行だった。
天使のガイドのもと、真として過ごすうちに、僕は家族や友人の欠点が見えてくるようになって……。
深刻なテーマを、森さんならではのユーモアで包み、あたたかくホロリとさせる不朽の名作、ついに文庫で登場です。


生前、重大な罪を犯し転生できず消滅する運命だった魂のもとに、突然天使がやってきた。
万物の長の決定により再チャンスが与えられることになったというのだ。
記憶の一切を失くしている魂は、自殺を図り死亡した少年の身体に間借りして「生前の罪」を思い出せという天使の言葉に嫌々ながらも付き合うが……というストーリー。

非常に読みやすい作品でした。
ストーリーも最初の設定だけ飲み込められれば、後は簡単!
展開からオチから全部読めます。
漫画的というか、使い古されたネタというか……。
しかし、そのわりに飽きさせずに読ませてくれたのは、やはり視点が暖かいせいとコミカルに徹しているからでしょう。
いじめや自殺や家庭不和なんかを取り扱っておきながら、深刻になりません。
まあ、それは安易な長所ではなく、ならないから面白いという面もあり、逆に染み入ってこないという面もありますが。
そういう点では、主人公の初恋の少女の様は、良かったです。
主人公に絡む少女は二人いて、両極端のような描かれ方をしていますが、私は世間的に非難をされるであろうことをしでかしている子の方が好きです。
| [国内作家:ま行]森絵都 | 17:09 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |