スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
流離 吉原裏同心/佐伯泰英
安永五年、豊後岡藩の馬廻役神守幹次郎は、納戸頭の妻汀女と逐電した。
幼馴染みの二人は追っ手を避け、当てのない流浪の旅を続ける。
やがて江戸に出た幹次郎は、吉原遊廓・四郎兵衛会所の名主に剣の腕を買われ、用心棒となった。
ある日、彼は遊女が読んだ俳句から吉原炎上を企む無頼集団を突き止める。
その裏には、心中事件に纏わる悲劇が!?
長編時代小説の力作。


吉原裏同心シリーズ第1作。

豊後岡藩の馬廻役・神守幹次郎は、金貸しを裏で行う納戸頭・藤村壮五郎の妻汀女と逐電する。
それは、幼なじみで家族同然に育った美しい汀女が、父親の借金の形に藤村家に嫁入りし、酷い扱いを受けていることを知った幹次郎が後戻りが出来ない旅に連れ出したのだった。
妻仇討の追っ手が迫るなか、その追っ手に汀女の弟が加わっていると知った二人は、決着をつけるために足を踏み入れまいと決めていた江戸へと入り……というストーリー。

元は短編だったらしく、主人公の二人が逐電し吉原と関わるようになるまでと、その後の吉原で起きた事件と、長編作品であるのに二部構成のような違和感があります。
ですがこの1作のみではなくシリーズ作品の1作目ですし、特に問題はありません。
幹次郎が吉原裏同心となるまでの前振りとして前半部を楽しめば、後々事件の合間合間に上げかれる二人の穏やかな生活を愛しむ姿がより生きてくるかと思います。
シリーズものの時代小説ですから、テレビドラマの時代劇にも似た安定感が第一。
そういう意味で楽しんで読める作品だと思います。
| [国内作家:さ行]佐伯泰英 | 12:04 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |