スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花まんま/朱川湊人
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 540
(2008-04-10)

母と二人で大切にしてきた幼い妹が、ある日突然、大人びた言動を取り始める。
それには、信じられないような理由があった……(表題作)。
昭和30〜40年代の大阪の下町を舞台に、当時子どもだった主人公が体験した不思議な出来事を、ノスタルジックな空気感で情感豊かに描いた全6篇。
直木賞受賞の傑作短篇集。


短編集で
「トカビの夜」「妖精生物」「摩訶不思議」「花まんま」「送りん婆」「凍蝶」
の計6編を収録。

とても綺麗にまとめられた短編集でした。
直木賞受賞作というのも納得の端正さがあります。
著者のデビュー作「都市伝説セピア」(参考)が候補になったにしてはやや物足りない感じだったことを思えば、何だか立派になったなぁという気分です(偉そうな)
ただ、私には情緒を感じる部分が欠けているのか、端正すぎるのか、うまく物語りに入り込めませんでした。
舞台は昭和30年〜40年代の大阪下町で共通していて、少ない著者の既読作品と変わらず、私には知らない世界です。
懐かしいと感じる方もいらっしゃいますでしょうが、何かと話題の万博も記録映像でしか知らない者にとってはファンタジーと同じレベルです。
それでも人の心の動きに素直に感動することが出来るのが小説の不思議な力で、この作品群にも確かにそのようなものはあると思うのですが、いまいち私にはヒットしませんでした。
ただ、少し不思議な話がお好きな方は、読んで損はないはずです。
出来が良いというのがストレートな感想ですね。

収録作では、気持ちが悪いとしか言いようがない「妖精生物」の印象が強いです。
これが一番。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:さ行]朱川湊人 | 02:36 | comments(0) | - |
かたみ歌/朱川湊人
不思議なことが起きる、東京の下町アカシア商店街。
殺人事件が起きたラーメン屋の様子を窺っていた若い男の正体が、古本屋の店主と話すうちに次第に明らかになる「紫陽花のころ」。
古本に挟んだ栞にメッセージを託した邦子の恋が、時空を超えた結末を迎える「栞の恋」など、昭和という時代が残した“かたみ”の歌が、慎ましやかな人生を優しく包む。
7つの奇蹟を描いた連作短編集。


連作短編集で
「紫陽花のころ」「夏の落し文」「栞の恋」「おんなごころ」「ひかり猫」「朱鷺色の兆」「枯葉の天使」
の計7編を収録。

てっきりホラー小説だと思っていたら、どちらかといえば文学寄りの作品集となっていました。
舞台は「アカシア商店街」という古き良き昭和の下町。
「幸子書店」という古書店の主人を軸にして、そこに住む人々のちょっと不思議な、少し悲しい出来事が語られていく形式です。
視点となる人々の現在は様々ですが、語られるのはグループサウンズが流行していたり、石ノ森章太郎の漫画が連載されていたり、学園闘争があったり……という時代。
そして最後の「枯葉の天使」でその古書店主人自身についての物語となり疑問が解けるというところでしょうか。
私にはこの時代を懐かしいと感じることは出来ませんし、良い時代だったと懐古する人間にも同調することはできません。
あの狂乱のバブル期に青春を送った方たちが再びを願うこともあるでしょうし、私のように平成大不況しか実感できていない者でも年を取れば懐かしく思うでしょう。
ノスタルジーに浸るのは悪いことではありませんが、それはそれだけの話です。
ですが、その時代時代には独特の色合いがあることは確かで、それを全面に出して読ませる作品にも味があります。
ストーリーとしてはもう一歩凄みというものが欲しいところでしたが、安心して読める優しい短編集でした。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:さ行]朱川湊人 | 11:51 | comments(0) | - |
都市伝説セピア/朱川湊人
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 500
(2006-04)

人間界に紛れ込んだフクロウの化身に出会ったら、同じ鳴き真似を返さないといけない――“都市伝説”に憑かれた男の狂気を描いたオール讀物推理小説新人賞受賞作「フクロウ男」をはじめ、親友を事故で失った少年が時間を巻き戻そうとする「昨日公園」など、人間の心の怖さ、哀しさを描いた著者のデビュー作。


短編集で
「アイスマン」「昨日公園」「フクロウ男」「死者恋」「月の石」
の計5編を収録。

再読です。
一応ホラー小説というくくりですが、全然怖くありません。
雰囲気がおどろおどろしい「アイスマン」に「フクロウ男」や、死者に執着していく気持ち悪さを描いた「死者恋」、と設定とストーリーだけ読めばもちろん立派なホラーなのですが、なんとなく物悲しい気分になるのです。
端的なのは「昨日公園」
どこかで読んだ(あるいは見た)ことのあるような設定でもうまい展開で、5作品の中では一番好きです。

イメージが出来上がっているものに例えるのは危険でしょうが、「世にも奇妙な物語」あたりに似ていると思いました。
お好きな方は是非。
| [国内作家:さ行]朱川湊人 | 21:57 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |