スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
リアル鬼ごっこ/山田悠介
全国500万の「佐藤」姓を皆殺しにせよ!
――西暦3000年、国王はある日突然、7日間にわたる大量虐殺を決行した。
生き残りを誓う大学生・佐藤翼の眼前で殺されていく父や友。
陸上選手の翼は、幼い頃に生き別れた妹を探し出すため死の競走路を疾走する。
奇抜な発想とスピーディな展開が若い世代を熱狂させた大ベストセラーの改訂版。


設定は面白いと思います。
でも文章が滅茶苦茶。
巧くないというより拙いというか、何がどう問題か解説するだけ読み込む気力さえ根こそぎ奪ってしまうようなレベル。
ここ何年かで一、二を争う「とんでもない」本でした。

その後次々と出版される著者の本を本屋で見かけますし、きっともうちょっと上手くなっているのでしょうが、個人的には小説よりシナリオライターに良いのではないかなぁと思ったりします。
読んだのは大分前ですが、感想というか記録を。
| [国内作家:や行]山田悠介 | 17:03 | comments(2) | - |
| 1/1PAGES |