スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ルーム/新津きよみ
評価:
新津 きよみ
角川書店
¥ 540
(2005-03)
家族と絶縁状態だった姉が急死した。
都会でたった一人で生きてきた姉。
その部屋の後始末のため、マンションを訪れた友美は、驚くべきものを発見してしまう。
それは段ボール箱に入れられた幼児の白骨だった!
「いったいなぜ、こんなものが?」
戸惑い混乱する友美だが、姉の過去を探るうちに、その隠された“秘密”を知ることに……。
女の一人暮らしに潜む闇を描く、戦慄のサスペンス。


7年間音信不通だった姉が死んだという知らせが来る。
遺品の整理のため入った部屋には、動物嫌いだったはずなのに猫が。
そして、段ボール箱に入れられた幼児の骨が出てきて……というストーリー。

角川ホラー文庫ですが、中身は完全なサスペンス小説です。
表紙の絵からきっと怖い話なのだろうと予想して読んだら拍子抜けな一方、ホラーが苦手なので楽しめました。
猫や骨や、不審な電話といったことのすべてが生前の姉とどう結びつくのか、と試行錯誤する妹の姿は、長らく音信普通だったということや姉妹であることの距離感が見えてなかなか良かったかと。
しかし主人公は結局引っ掻き回しただけというか……いや、そうでないと話がはじまらないのですけどね。
| [国内作家:な行]新津きよみ | 23:05 | comments(0) | - |
両面テープのお嬢さん/新津きよみ
評価:
新津 きよみ
角川書店
---
(1988-03)
深大寺桃子は一流と呼ばれる私大の3年生。
深大寺財閥の一人娘で、いまは親元から離れてひとり暮らし。
自由の身だ。
そんなお嬢様育ちの彼女と友達になったのが、なんとソープランド嬢!
名前も同じモモコ。
事件はそこから始まった――。
奇妙な誘拐事件。
弟と名乗るおかしな男の出現。
失恋。
桃子、この苦境をどう頑張る?
大型女流新人が放つ、書下し青春ユーモア・ミステリー。


お嬢様の桃子は失恋し、酔った勢いで吉原へ。
そこで絡まれていたのを助けてもらったのがきっかけでソープ嬢のモモコと知り合う。
アパートを追い出されそうになっていた彼女を勢いで同居させることにしたものの、おかしな出来事が周囲で起こり始めて……というストーリー。

とんでもなく辛かったです。
最近はホラー中心の新津きよみのミステリが読みたくて図書館で借りてきたものですが、主人公・桃子の妙な行動パターンがまったく理解できず。
「ユーモア・ミステリ」で笑えなければ終わりでしょうし、最近読んだ東川氏の烏賊川市シリーズのように笑いと謎がうまく噛みあっていればともかく、笑いのポイントが作者と合わなければ酷いことになるという見本のようでした。
色々と面白い設定はあるのに、残念でした。
| [国内作家:な行]新津きよみ | 16:41 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |