スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
猿の証言/北川歩実
類人猿の言語能力を研究し、チンパンジーと人間を同列に扱うことを主張する学者・井手元。
大学を辞め、チンパンジーと隠遁生活を送っていた彼が失踪。
残されたチンパンジーが示唆したのは、残酷な結末だった――ヒトとサルの境界はどこか、聖域を越えた研究の果てに真理はあるのか。
哀切かつ危険なラストまで二転三転、人類のアイデンティティをゆるがし、新世紀へ跳躍する問題作。


再会した旧友が所属する研究室がチンパンジーの言語能力をテーマにしていると知った映像企画会社に勤める江森は、それを番組に出来ないかと打診する。
しかしアドバイザーのライターに教授の井出元が7年前に問題を起こしている学者であることを知らされる。
そして撮影当日暴力事件を起こした井出元はその後失踪。
見つかったと思われた彼はしかし……というストーリーです。

タイトルの「猿の証言」がうまく使われているミステリでした。
作中解説される人間とサルの言語習得の違いなどの説明も、長いわりに全然飽きません。
しかし、北川作品を読んでいていつも思う、キャラクタの曖昧さと二転三転どころか十転ぐらいしているのではないかというぐらい現れては消える推理が全然スマートに処理されない、という欠点が明白。
キャラクタが誰も彼も同じようにヒステリックで魅力的がなく、書き分けが出来ていないのではないかという感じ。
登場人物が次々提示する推理もはっきり言ってうざい。
小説ではなく、科学的な読み物として渡されたかったというぐらい、物語として雑な印象です。
テーマが良くてオチも良いだけに、非常に惜しいです。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]北川歩実 | 14:40 | comments(0) | - |
僕を殺した女/北川歩実
ある朝目覚めると、大学生で「篠井有一」だった僕は、見知らぬ部屋で若い女になっていた。
しかも昨日から5年後にタイムスリップして……。
異性の肉体を持て余しながら、昔の記憶とわずかな所持品を頼りに僕は自分探しを始めるが、今度はこの世界にもう一人「篠井有一」が存在していることがわかる。
次々と浮かび上がる謎の数々――。
気鋭の新進作家がおくる超絶技巧ミステリー長編。


酒を飲んでは記憶を失くすことを繰り返していた有一は、目覚めた時また「それ」が起きたのかと思う。
しかしそこは自分の部屋のようで見知らぬ場所、寝室には初対面の男が寝ていて、自分の姿は美しい女性になっていた。
しかも5年分の記憶がない。
一体自分はどうなってしまったのか、探り出そうとする有一だったが……というストーリーです。

著者のデビュー作です。
そういえば東京創元社で出したものしか読んでいなかったな、と手に取りました。
設定からしてSFミステリかと思いきや、最後まできっちり謎解きをしてくれて満足。
嫌いではありません。
ただ、何となく惜しい印象がつきまとう作品でもありました。
デビュー作だから仕方がないのかもしれませんが、魅力的な設定や謎をこれでもかというぐらい詰め込んで、それをスマートに処理し損ねているような気がします。
ラスト付近の盛り上がりにも欠けます。
サスペンス色が強くなっても、セオリー通りに主人公が最初に目覚めた部屋の住人・宗像ともっと協力して徐々に謎が解けていく形式の方が作品にとっても良かったのではないかと思います。


JUGEMテーマ:読書
| [国内作家:か行]北川歩実 | 11:37 | comments(0) | - |
天使の歌声/北川歩実
まだ見ぬ父親に会うため秋庭邸を訪れた一登は、そこで言語能力を持たない弟に出会う。
彼は言葉を話せない代わりに、聞くものの心を癒す<天使の歌声>を発することができた。
その弟をめぐってある悲劇が起こる。
そして六年後、一通の手紙によって一登はふたたび秋庭邸を訪れた。
探偵・嶺原克哉が出会った六つの難事件。
多重どんでん返しが魅力の連作集を文庫オリジナルで贈る。


連作短編集で
「警告」「白髪の罠」「絆の向こう側」「父親の気持ち」「隠された構図」「天使の歌声」
の計6編を収録。

6作に共通するのは、探偵が嶺原だということぐらい。
冒頭の作品「警告」の出だしが魅力的だったので、その嶺原の過去とかが徐々に明らかになったりするのかと思いきや、それは放置でやや拍子抜け。
人物の魅力はほとんどありません。
さておき物語の方はどうかというと、短編の中で“多重どんでん返し”をしようとばかりに頑張っているので、急ぎ足。
読むほうもせっつかれているようで疲れました。
その中でも好きなものを挙げるとしたら「白髪の罠」でしょうか。
ああいうラストは好みです。
| [国内作家:か行]北川歩実 | 19:30 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |